永久脱毛のデメリットは?全身脱毛して後悔?脇は?

脱毛




永久脱毛のデメリット/後悔する理由と後悔しないための対策について

永久脱毛のデメリット

永久脱毛のデメリット/後悔する理由1・永久脱毛すると元に戻せない

1度永久脱毛の施術を受けると、元の状態に戻すことはできません。

そのため施術を受けた後で、毛を残しておきたかったと考える方も多くいます。

特に全身の永久脱毛の施術を受けた場合、特定の部位の毛は残しておいたほうがよかったと後悔するケースも見られます。

例えばVラインの永久脱毛は、温泉施設などで目立って恥ずかしい、パートナーの好みではなかった、後から好みが変わったなどの理由で後悔するかもしれません。

元には戻せないというデメリットを理解したうえで、永久脱毛の施術を受ける部位を決めることが大切です。

特にVIOやもみあげなどの部分は、1人で決めずにパートナーに好みを相談したり、カウンセリングでスタッフの方に相談したりして慎重に決めましょう。

永久脱毛のデメリット/後悔する理由2・高額な費用がかかる

一般的な脱毛と比較すると、永久脱毛には費用が高いというデメリットが存在しています。

医療脱毛で施術を受けられる永久脱毛は、何度かクリニックに通って施術を受ける必要があります。

そのため何度もクリニックに通う必要があることで、トータルで考えると永久脱毛はある程度まとまった費用がかかります。

クレジットカード払いが利用できるから問題ないと思って契約した方の中には、返済のタイミングが来てから、家計への負担が大きく後悔する結果となってしまう方もいます。

分割払いもできるから問題ないと考えていても、分割払いだと手数料が発生して支払いの負担が増えてしまうこともあります。

その場の勢いだけで契約せず、問題なく支払えるかよく考えてから契約することを忘れないようにしましょう。

永久脱毛は完了までに100,000円~300,000円ほどの高額な費用が必要

永久脱毛にかかる費用といっても、施術を受ける部位や利用するクリニックなどの条件によって、必要な費用は大きく異なります。

完了までに100,000円~300,000円ほどの費用がかかります。

また別途で診察料や麻酔代、さらにはシェービング代などがかかることもあるという点を理解してクリニックを利用しましょう。

少しでも高額な費用の負担を減らしたい場合には、クリニックごとの費用を比較するのも1つの手です。

ただし安さだけでクリニックを選ばずに、サービス内容も含めて永久脱毛の施術を受けるのに適した環境か判断することが大切です。

また学割や乗り換え割などの割引制度を導入しているクリニックもあるため、利用できる割引制度があるクリニックを探して安く利用するという方法もあります。

永久脱毛のデメリット/後悔する理由3・痛みが強い

永久脱毛は、通常の施術より痛みを感じやすいというデメリットがあります。

実際の永久脱毛の施術では、医療レーザーやニードル脱毛が使われていて、どちらの方法も施術時に痛みを感じやすいので注意が必要です。

またニードル脱毛は、毛穴1つずつに針を差し込んで処理をする施術方法です。

毛穴に針を差し込んでいくことで、より痛みや刺激を感じやすいので、肌が弱いもしくは刺激を感じやすいという方は施術を受けるか慎重に判断しましょう。

痛みが強くて後悔することを防ぐために、事前に体験脱毛を利用するのも1つの手です。

体験脱毛を通して、耐えられそうな痛みか確認してから契約するか決められます。

またクリニックなので、麻酔を使ってもらうという方法もあります。

永久脱毛のデメリット/後悔する理由4・肌トラブルのリスクがある

永久脱毛は、肌への刺激が大きい脱毛方法のため、肌トラブルが起きるリスクもあります。

肌の赤みや腫れ、肌荒れなど少しの期間で回復する程度の肌トラブルもあれば、大きな問題となってしまう肌トラブルが起きる方もいます。

そのため永久脱毛の施術を受けるときには、トラブルが起きるリスクがあるという点を理解したうえで契約するようにしましょう。

施術前のカウンセリングの機会で、肌トラブルなどのリスクについて事前に説明してもらえます。

説明を聞いてどのような肌トラブルが起きるリスクがあるのか、トラブルが起きた場合はどのように対処してもらえるのか、返金などの対応はあるのかなどの点を確認してから契約することが大切です。

永久脱毛はクリニックでの施術となるため、トラブルが起きても治療や薬の処方などが受けられます。

肌トラブルの例1・熱傷

医療用レーザーを使用した永久脱毛は、レーザーで毛根から毛を焼き切ってしまう施術方法です。

そのため施術を受けた後、肌は軽いやけどの状態となるので、皮膚に赤みや炎症などの症状が出るケースが多くなっています。

赤みの症状であれば、しっかりと冷やしてケアをすることで、時間が経つと治まります。

しかし軽いやけどのような症状ではなく、肌に熱傷が残ってしまうトラブルが起きる場合もあるため注意が必要です。

熱傷が起きてしまうケースには、使用しているレーザー機器に問題がある場合と、施術者の技術が低いケースに分けられます。

使っている機器が古い、もしくは設備が不十分なクリニックは避け、最新で安全性の高い機器を利用しているクリニックを選ぶようにしましょう。

施術担当者の経験を確認することも大切です。

肌トラブルの例2・毛嚢炎(もうのうえん)

永久脱毛で起きる可能性がある肌トラブルの1つに、肌にニキビのようなブツブツができる毛嚢炎があげられます。

実際に脱毛の施術を受けると、肌や毛穴にダメージを与えてしまいます。

医療用レーザーを使った脱毛方法はカミソリなどの自己処理の方法より肌への負担は少ないものの、ダメージを受けると肌のバリア機能が低下して毛嚢炎ができてしまうこともあります。

毛嚢炎のトラブルは珍しくないため、赤みや痛みを伴わない場合には、大きな問題には発展しません。

しかし患部を清潔に保つなどのケア方法に注意しないと、症状が悪化しやすいので注意しましょう。

施術後の毛嚢炎の症状が気になるという場合には、クリニックで相談するとステロイドの軟膏や抗生物質などの飲み薬を処方してもらえることもあります。

肌トラブルの例3・硬毛化

永久脱毛における肌トラブルでは、硬毛化にも注意しましょう。

レーザー脱毛の治療中に起きる可能性がある硬毛化では、レーザーの刺激を受けた毛が濃くもしくは太くなってしまう症状のことを指します。

硬毛化は原因が解明されていない症状で、症状が出る場合でも硬毛化する毛の量などには個人差があります。

実際に硬毛化の症状が出た場合には、レーザー脱毛ではなくニードル脱毛の方法に切り替えるのも1つの手です。

肌トラブルに対処するために、クリニック側がどのような対応をとっているのか、事前に確認してから契約をしましょう。

トラブル時にもしっかりと対処してくれる環境を整えているクリニックであれば、問題が起きたときでも安心して対応を任せやすくなります。

後悔しないための対策

後悔しないための対策1・付き合っている人や旦那さん、パートナーの意見に左右されないこと

永久脱毛を決意する理由は様々あると思いますが、恋人や旦那さん、パートナーから言われて「やろう」と決める人もいるでしょう。

「俺より毛深いよね」
「毛でモサモサしてる」
「触り心地悪い」
「女の子はツルツル肌がいい」

など、男性は女性に対して「毛がない」というイメージを持っているように思います。

「永久脱毛しなよ」と言われて受けるのが悪いわけではないですが、結局施術を受けるのは自分です。

高い費用を払ったものの、なかなか予約が取れなくて思うように脱毛できず、気づいたら有効期限が終わってしまっていた、何てこともあり得ます。

「あなたが言うから始めたのに…」と言っても「人のせいにするなよ」と言われ、関係が悪化してしまったら最悪ですよね…。

仮に恋人や旦那さん、パートナーに急かされたとしても、即決せずによくよく考えてからにしましょう。

後悔しないための対策2・その時の気分で決めない

永久脱毛で後悔する理由は、その時の気分で施術内容を組むことです。

その時の気分で施術を組んだ場合、後々考えてみれば、永久脱毛をする理由自体がなかったというケースがあり得るのです。

つまり

「人前で肌を晒すことが無い」
「恋人の存在がないので肌をさらす機会が一切ない」
「なぜ、脱毛をすることを選んだんだ」

ということで後悔し、脱毛行為自体が意味がないと気づくケースが割とあります。

なので、その時の気分で決めてしまうというのは望ましくなく、周りが永久脱毛をしているから自分もやろうという短絡的な考えは、お金を無駄遣いするだけなのでおすすめできません。

なお、その時の気分で決める危険性は、周りに流されている点で、周りが高額なプランを組んでいるので自分もと考えると、後々支払いが苦しくなるという問題が起きますので、周りに流されること=自分を見失っていると考えましょう。

永久脱毛に限らず、サロンやクリニックに通って脱毛するとなるとそれ相応の費用が掛かります。

コースや部位によってはローンを組むことになるかも…。

「契約したものの、セルフ脱毛で何とかなりそうかも…」と思ってももう遅いです。

毎月毎月支払明細書を見て呆然としないように、後々後悔しないように勢いでは決めず、しっかり下調べをした上で決めるべきだと思います。

ある程度永久脱毛するまでのプランや計画がご自身の中でしっかりしていると、途中で脱毛を挫折したり、通うのが少し面倒になってしまい後悔する。

ということも減ると思います。

金額も永久脱毛するとなると高額になりますからよく考えてその時の気分で決めないようにしましょう。

後悔しないための対策3・分割払いで月々の支払い料金の負担を減らす

一括で脱毛料金を支払う場合、30万円とか50万円の支払いをします。

一か月分の給料をすべて消費してしまいますので、一括でお金を支払った場合、一か月間の生活が苦しくなり後悔するというケースがあります。

そうならないために分割での支払いを検討することが重要です。

なお、分割の場合、利子というものが付きますし、場合によっては借金という形で支払いをすることもあります。

ローン契約の場合、利子というもので苦労する場合があるので分割払いにおいても負担をいかに減らすかを考えたうえで脱毛コースを選ぶとよいでしょう。

脱毛は別に料金が値上がりすることはあっても、お得な割引プランなども開催されることがあります。

そうした際に契約をするという流れでもよいわけですから、月々の支払いを抑え込む方法をじっくりと考える余裕をもって公開市内料金プランを月額で支払うとよいでしょう。

永久脱毛する場合は、店舗やコース・内容によっては費用が高額になります。

クリニックやサロンの「信販会社のローン」か「ご自身のクレジットカードローン」の分割払いが一般的かと思います。

一括払いなら支払は1度で済みますが、高額な費用が一気になくなる痛手は相当のもの…。

一度の出費が多いとその月の生活も大変になりますね。

ローンを組む場合は、一括払いと違い分割手数料がかかってしまうため合計金額は多くなります。

クリニックによっては支払う手数料にも違いがありますので、気になる方は調べておきましょう。

予期せぬ出費が発生することも考え、ちょっと心配なら分割払いを検討して見てもいいと思います。

後悔しないための対策4・痛みに弱い方は蓄熱式の脱毛機を導入しているクリニックを選ぶ

レーザー脱毛は痛みを伴うため、後悔するケースが多く、痛みに耐えきれなくなり、通いたくないという流れになることが多いです。

なので、後悔しない対策の一つとして、蓄熱式の光エネルギータイプの脱毛器での脱毛というものを検討してもよいでしょう。

この方法であれば、利点は、痛みがないことと、肌を傷つけずに済むという点が利点なので、肌が生まれつき弱い人であっても脱毛が十分可能です。

反面にお時間がかかるという難点があるんですが、蓄熱式は、時間を掛けることで脱毛を完了できる施術です。

そのため痛みに弱い、もしくは肌も弱いという方においては安全な施術なので、検討してみるとよいでしょう。

なお、レーザー以外ですと、毛根に電気を流して毛根を焼き切るというものがあるんですが、これも激痛が走ります。

レーザー脱毛と同じで痛みを感じるうえ、毛根が焼き切れることでやけどになるので、蓄熱式のほうが安全な脱毛施術になります。

体に生えている毛を抜くわけですから当然痛みがあります。

サロンやクリニックはなるべく痛みを和らげる努力はしていると思いますが、痛みの感じ方は人それぞれ…。

「全然痛くなかった」と言う人もいれば「痛すぎて泣いた」「あまりに痛くてクレームを入れた」と言う人もいるでしょう。

おまけに脱毛は1度では終わらず、ほとんどが数回に分けて脱毛を完了させます。

「この痛みに何度も絶えないといけないのか」と思うと、いくら脱毛したくても通うのが嫌になってしまいます。

世間にはどんな脱毛方法があり

「このサロンはどんな脱毛方法なのか」
「このクリニックの脱毛方法について調べよう」

と予め調べておくといいでしょう。

インターネットなどでわからなければ、直接電話で問い合わせるのもいいと思います。

痛みに弱いなら麻酔も視野に入れましょう

永久脱毛では、高出力のレーザーを使用してピンポイントで毛根を焼き切り脱毛をするんですが、痛みが伴うケースがあります。

そうした場合、麻酔を使用することを視野に入れたほうが良いです。

麻酔は3300円当たりから麻酔を打つことができ、クリニックによって値段が異なりますが、痛みを軽減するか、痛みを感じなくします。

痛みが強くなると感じるのは恐怖心になり、恐怖心が強くなると施術を継続して受け続けたいという願いが薄まります。

あと7回も痛い思いをするのかと考えた場合、果たしてそこまでして永久脱毛をしないといけないのかということを思う方も中にはいると思います。

今までの施術が無駄になるのでそうならないためには、恐怖心である痛みを感じなくすることはとても重要で麻酔を検討するのが良いでしょう。

なお、麻酔を打てない場合もあり得るのですが、クリニックであれば大半は様々な麻酔を用意しています。

この麻酔が打てずともこちらは安全だというケースが多いので、クリニックで麻酔を検討することは永久脱毛を完了させるうえで重要な対策になります。

ですから、人一倍痛みに弱い人は麻酔を使ってくれる所を選びましょう。

後悔しないための対策5・保湿ケアをして肌トラブルを防ぐ

脱毛後は、対策として保湿によるケアをしなければ肌トラブルが起きてしまいます。

そのため、クリニックやエステなどでは脱毛施術完了後にメンテナンスと称して肌ケアを行います。

これを怠ると肌はレーザー脱毛であれば、やけどの症状がある場合、やけどが悪化し、肌の再生も遅れてしまいますので肌があれるという原因になります。

よって、脱毛後のケアが重要で、後悔しないためには脱毛後のケアを十分に行う必要があります。

なお、ケアについては、脱毛を思としているクリニックやエステでアドバイスをいただくことができます。

そしてトラブルが今現在進行している場合は、クリニックの場合そのまま受診し診察という流れを得て治療になります。

脱毛を専門としているクリニックであれば、肌トラブルが起きてからでも対応ができます。

しかしそうならないためにも、保湿ケアをして肌トラブルが起きないようにすることは重要となります。

脱毛の知識があれば脱毛後は必ず保湿ケアをするはずです。

お客さんによって保湿剤を変える所もあるかもしれませんが、もしも物足りなさを感じるのであれば、普段使っている保湿剤を持参し、施術が終わったら追加で使って見てみるのもいいでしょう。

滅多にないことかと思いますが、サロンやクリニックで使っている保湿剤と、持参する保湿剤の相性が悪い場合も考えられるので、保湿に物足りなさを感じたらまずはサロン・クリニックの方に聞いてみましょう。

後悔しないための対策6・硬毛化リスクが低い脱毛機を導入しているクリニックを選ぶ

脱毛を行う施術マシーンには、脱毛後に再度毛根が活性化して、毛が生えてきた際、効果リスクというものがあります。

毛が強くなってしまって剛毛になるリスクが跳ね上がるという問題があります。

なので、硬毛化リスクが低いマシーンを導入しているクリニックを選ぶことが重要です。

光脱毛という光エネルギーで脱毛を行っているエステはできるだけ避けたほうがよいでしょう。

光脱毛は、硬毛化のリスクが高く、その理由は時間を掛けて毛根を弱らせて最終的に脱毛するという仕組みなので、光エネルギーを浴び続けないと効果を示しません。

逆を返せば、脱毛が完了しても光エネルギーを浴び続ければ硬毛化のリスクが軽減されるのですが、脱毛が完了してしまった場合、施術を受け続けることを放棄することが多いです。

そのため再度毛が生えてきて、結果固くなるケースが多く、レーザーで焼き切る方がリスクを抑えることが可能なのです。

よって、硬毛化のリスクを考えた場合、リスクが低いレーザー脱毛器を置いているクリニックを選ぶのが良いでしょう。

ただし、レーザーが却って刺激になってしまい、今まで薄くて細かった毛が、逆に濃く太くなって生えてくるようになる可能性が考えられることもあります。

ですから、自分の体毛が硬毛化リスクに当てはまりそうな人は、即決せずにまずはカウンセリングで相談してみましょう。

そのまま決めてしまうと「何だか却って毛が濃くなってきた気がする」「効果がないから解約したいけどもうできない」と後悔してしまうかも知れません。

後悔しないための対策7・無料カウンセリングを積極的に利用し専門家に相談する

脱毛で後悔する点は、カウンセリングを受けずに施術をぶっつけ本番で行い、肌トラブルなどを起こすことです。

無料カウンセリングでは、肌トラブルが起きるかどうか、そして肌トラブルの危険性について説明をします。

このカウンセリングを受けずにぶっつけ本番で施術に当たるクリニックやエステであれば、大抵後悔することが多いです。

なぜなら肌のトラブルというリスクを軽く考えているクリニックやエステの場合、施術後に大きなトラブルになりうるからです。

医師の診断でクリニックやエステに通うことをやめたほうが良いと警告を受けることがあり、施術自体が進まないという問題が起きることもあります。

なので、無料カウンセリングをしっかりと受けて、本当に自分の肌は永久脱毛を可能とするかを診断してもらってから受けるというのが望ましい脱毛行為になります。

世の中にはたくさんの脱毛サロンや脱毛クリニックがあります。

それぞれの店舗・クリニックが独自性のある施術方法を提供し、差別化を図ろうとしています。

ただ色んな方法があっても、果たして自分に合うのはどこなのか、どういう施術方法なのか、自分だけで決めるのはかなり難しいです。

まずはサロンやクリニックの無料カウンセリングを受けましょう。

自分の肌質や毛質を伝えた上で、そのサロン・クリニックが本当に適しているのかどうかがわかります。

お店側としても、明らかに自分たちの施術が合わないお客さんだった場合、無理に「ウチならピッタリですよ」とは言わないでしょう。

後々になって肌トラブルが起き、最悪消費者センターに通報されたり、SNSで拡散されたら商売あがったりです。

まずは自分だけの感覚で決めずに、カウンセリングを受けましょう。

【永久脱毛のデメリット】脇の永久脱毛のデメリットと脇を永久脱毛する上での対策について

永久脱毛のデメリット

脇の永久脱毛のデメリット1・脇の永久脱毛をすると脇汗が増える!?

医療機関で永久脱毛の施術を受けると、脇汗が増えるのか知っておきたい人が増えています。

基本的には、医療機関で脇脱毛の施術を受けても、汗の量が増えることはありません。

汗の量が増えたと感じる場合は、腋毛が無くなったことで、汗が流れやすくなったからです。

脇汗が増えたり、臭いが強くなることはないので、安心して通院ができます。

エステサロンの光脱毛は、永久脱毛はできませんが、定期的に通院をすることで優れた抑毛、減毛効果があるため、永久脱毛に近い施術を行っています。

毛量が少ない場合は、エステサロンの脇脱毛でも十分な効果が得られます。

永久脱毛の施術を受けてから、汗が流れやすくなった場合は、タオルなどでこまめに拭くようにしましょう。

脇の永久脱毛のデメリット2・料金が高くなってしまう

脇は毛が密集しており、毛周期のサイクルが早いので、脱毛効果を実感しにくい傾向があります。

エステサロンの光脱毛は、永久脱毛ができないので医療機関に通院をしたい人が増えています。

医療機関のレーザー脱毛は多くのメリットがありますが、多少のデメリットがあります。

エステサロンに比べると、出力が強いので脱毛効果が高いですが、料金が高くなる傾向があります。

現在は料金プランがわかりやすく、明瞭な医療機関が増えていますが、エステサロンに比べると料金が高いことが多いです。

4回から5回ぐらい通院をすることで、むだ毛が減って自己処理が楽になるのは良い点です。

パートやアルバイトなどで、雇用が不安定な人は経済的な負担が大きくなります。

脇の永久脱毛のデメリット3・脱毛期間が長く最後まで通えない可能性がある

仕事や家事、育児などの合間を利用して、脇脱毛の施術を受けたい人が増えています。

医療機関のレーザー脱毛は、光脱毛とは違って永久脱毛ができるのは良い点です。

永久脱毛のデメリットは、通院の回数が多くなる傾向があります。

脇は他の部位に比べると、毛周期のサイクルが早いので、数回の施術だけでは十分な効果が得にくいです。

4回、6回、12回、18回などの回数に制限のあるコースでは、十分な脱毛効果を得られない可能性があります。

剛毛で悩んでいる人、毛周期のサイクルが早い人は、回数無制限プランを契約することが多いです。

普通の毛よりも量が多い場合は、脱毛効果を実感しにくく、通院期間が長くなる傾向があります。

通院期間が長くなると、途中で通うことが出来なくなることがあります。

脇の永久脱毛する際の対策1・脇汗をかいたらタオルですぐ拭き取る

医療機関のレーザー脱毛は、永久脱毛ができるので脇脱毛の施術を受けている人が増えています。

脇脱毛をすると、腋毛が無くなるので、以前よりも汗が流れやすくなったと感じることがあります。

永久脱毛の施術をしても、汗の量が増えたり、臭いが強くなることはありません。

永久脱毛の施術を受けた後は、汗をかいたら、こまめにタオルや携帯用の汗取りシートなどで、拭き取ることで臭いを防いだり、清潔を保つことができます。

医療機関のレーザー脱毛は、定期的に通院ををすることで毛根から、きれいにむだ毛を処理できます。

汗をかいた時は、こまめに拭き取るようにすると、衣類が汚れるのを防ぐことができます。

永久脱毛の施術を受ける前に、医療スタッフに不安や悩みを聞いておくと安心です。

脇の永久脱毛する際の対策2・エステ脱毛サロンの回数・期間無制限プランに契約をする

脇のむだ毛は、他の部位に比べると太くて長いですし、毛が密集しているため、数回の通院だけでは十分な効果は実感できません。

普通の量よりもむだ毛が濃い、剛毛で悩んでいる人は、エステサロンの回数無制限プランを申し込むと良いでしょう。

エステサロンによっては、通院の回数に関係がなく、施術が受けられるお店があります。

複数のお店のサービス内容、料金、美容スタッフの技術、お店の清潔さなどを比較してから、申し込みをすると失敗が少なくなります。

回数無制限プランを選んでおくと、脱毛効果が得にくい場合でも、何度でも通うことができます。

口コミやレビューでも評価の高い、エステサロンを選んでおくと、料金プランがわかりやすく明瞭になっています。

エステ脱毛サロンは永久脱毛に近い状態にできるだけで永久脱毛はできない

エステサロンの光脱毛、IPL脱毛はメラニンの黒い部分に、光が反応するので毛根からきれいに処理ができます。

エステサロンの脇脱毛は、毛根からむだ毛を処理できるので、優れた抑毛、減毛効果があります。

2、3か月に1回程度通院をすることで、毛が細くなってきて、むだ毛が減ってきます。

エステサロンの脇脱毛は、医療レーザー脱毛とは違って、永久脱毛はできません。

光脱毛は、むだ毛の原因になっている毛母細胞、毛包を破壊することができないので、脇脱毛コースが完了しても、数か月ぐらい過ぎるとまた毛が生えてきます。

医療レーザー脱毛の永久脱毛の定義は、3回から4回の通院をすることで、むだ毛がかなり減っている状態です。

完全に無毛にすることは難しくなっています。

脇の永久脱毛する際の対策3・脇を永久脱毛(永久脱毛に近い状態)にするならエステ脱毛サロンがおすすめ

脇は他の部位に比べると、毛が太くて密集をしているので、脱毛効果を実感するのに時間が掛かります。

医療レーザー脱毛は、永久脱毛ができますが、やや痛みが強い傾向があります。

痛みに敏感な人は、体に負担が掛かるので、永久脱毛に近い状態にできるエステサロンの光脱毛がお勧めです。

従来の光脱毛に比べると、IPL脱毛、SHR脱毛は痛みが少なく、一度に広範囲に照射できるのが特徴です。

IPL脱毛、SHR脱毛は最短で1か月から2か月に1回の通院ができるので、脇脱毛を短期間で終えることができます。

医療レーザー脱毛とは違って、永久脱毛はできませんが、美肌効果が高く、毛穴の目立たない施術を心掛けています。

エステサロンの光脱毛は、永久脱毛に近い施術ができるのが魅力です

永久脱毛のデメリット/知っておきたい脱毛の仕組みと効果について

永久脱毛のデメリット

永久脱毛の定義とは?

日本における永久脱毛の定義は複数ありますが、主に用いられている定義は3つ。

「米国電気脱毛協会(American Electrology Association)の定義、最後の脱毛ののち一ヶ月後の毛の再生率が20%以下。」
「米国食品医薬品局の定義、3回の脱毛により半年後に67%以上の減毛を維持していること。」
「FDA(アメリカ食品医薬品局)の定義、脱毛を行ったあとにまた発毛する本数が、長くに渡り減少し、その状態の維持に成功していること。」

この3つです。

完全に毛がなくなることが求められるのではなく、減毛に成功した状態が長期間維持されていることが重視されるようです。

また、永久脱毛を行ったからといって、二度と毛が生えてこないことを保証されるものではないので、その点には注意が必要です。

永久脱毛の仕組みや脱毛効果

医療レーザー(熱破壊式永久脱毛、蓄熱式永久脱毛の2つがあります)を用いた施術では、黒い色素に反応する照射による毛根の破壊。

ニードル脱毛による脱毛では、色素の色に関係ない毛根の破壊で、毛をなくしていきます。

医療レーザーによる施術は、黒い色素のみに反応するため、周辺の肌にはダメージが入りません。

いずれの方法でも毛根を破壊した後、毛が時間の経過とともに自然に抜け落ちます。

特に「バルジ領域」、そして「毛乳頭」「毛母細胞」という組織が毛を生産する役割を担っているので、その組織を破壊することが永久脱毛の成功につながります。

いずれの方法にせよ、永久脱毛をするには、医療機関、有資格者などの専門家をあたることとなります。

医療レーザーを使用した永久脱毛の仕組み1・熱破壊式永久脱毛

高出力のレーザーを照射して脱毛を図る施術方法です。

他の施術方法と比べると、パワーに優れているため、剛毛などの厄介な毛への対策として向いています。即効性も高く、施術から数日~数週間であっという間に毛が抜けてしまいます。

効果を手早く感じたい人には向いているかもしれません。

そんな長所がある一方で、産毛の脱毛を苦手としているため、産毛の脱毛を検討している方は、蓄熱式永久脱毛などの他の脱毛法に頼るほうがよさそうです。

施術の際は、毛が集中して存在している部分が少し痛む可能性があるため注意が必要です。

また、パワーのある手術のため肌が傷つくリスクも存在します。

全体的に剛毛の処理に特化した性格なのがこの脱毛法です。

医療レーザーを使用した永久脱毛の仕組み2・蓄熱式永久脱毛

低出力のレーザーを何度もあてることによって脱毛を図る施術方法です。

肌が敏感で肌荒れしやすい人でも、比較的安心して施術を受けることができます。

また、色黒な肌の人や、日焼けしている肌の人にも向いています。

即効性は低く、数週間以上かけてゆっくりと毛が抜けていくイメージです。

産毛への施術にも適しています。

施術の際の痛みは少ないため、痛みが苦手な人には熱破壊式永久脱毛と比べて向いています。

熱破壊式永久脱毛と違い、色黒な人や柔肌な人にも対応できる柔軟性があります。

肌にも比較的優しいため、肌を傷つけたくないという人にはおすすめです。

時間はかかりますが、リスクの少ない方法を選びたい人には良い選択かもしれません。

医療レーザーを使用した永久脱毛の仕組み3・ニードル脱毛による永久脱毛

ニードル脱毛は、確実に毛根細胞を破壊できる点が特徴です。

毛の根本に針を入れ、電流を流すことで毛を生やす役割を持った細胞を破壊する、という脱毛法です。

毛を生やす機能自体が失われるため、半永久的な脱毛効果が期待できるという点がメリットです。

脱毛処置に使用するニードルは医療機器であるため、資格を有している人にしか施術ができません。

医療機関を訪れてニードル脱毛を施してもらうこととなります。

また、レーザーやフラッシュでは脱毛を行うことが難しい、眼球の近くなどの特殊な部分の脱毛ができる点も、ニードル脱毛を選択する大きなメリットです。

また、レーザーやフラッシュでは効果がない、白髪に対してもニードル脱毛は効果を発揮します。

永久脱毛の効果1・永久脱毛することで自己処理の頻度が減る

医療脱毛後、施術5回ほどで自己処理が楽になり、10回ほどで自己処理がいらなくなる可能性があります。

部位や施術方法の選択にもよるのですが、おおむねこの回数が目安のようです。

顔周りなどは施術方法によっては効果が出づらいので、他の部位よりも効果を体感できるのに時間がかかるかもしれません。

脱毛前にも自己処理が必要な上、情報収集をして施術方法を選ぶ手間もあり、施術は面倒に感じると思います。

施術を行うことでセルフケアにかかる時間が減るのは、大きなメリットだと言えるでしょう。

完全に自己処理が不要になるまでは時間や施術回数がかかりますが、ここは根気が必要なポイントです。

正しい知識を入手した上で施術しましょう。

永久脱毛の効果2・永久脱毛することで自己処理により肌を傷つけない

自分での脱毛には器具やカミソリ、シェーバー、脱毛クリームなどを用いる方法がありますが、誤った自己処理により肌を傷つけてしまう危険性があります。

残念ながら、そういった事故が何度も報告されているそうです。傷跡が残ってしまったら切ないですよね。

また、やけどをしてしまうという可能性もあるそうです。

同じ脱毛方法を何度も繰り返しているうちに、脱毛処理がおざなりになってしまい、自分の肌に傷をつけてしまう可能性もあります。

自分で脱毛処理を続けるのは少し危険かもしれません。

永久脱毛を成功させれば、もうそのリスクがないので、自分の肌を大切にしたい、という方にはおすすめです。

傷のないキレイな肌を維持できますよ。ケガをする心配も減るでしょう。

永久脱毛の効果3・永久脱毛後は保湿して、日焼けを避ける

医療レーザーを使用した脱毛法では、脱毛直後の肌は乾いています。なので、丁寧にケアをすることが必要です。

まず、施術をした直後にクリニックで保湿をしましょう。

その後、服装(露出の多い服装はクリニックに行く際は避けるべきでしょう)などに応じて日焼け止めを用いるなど、肌に優しくする行動を心掛けてください。

施術後は肌が敏感になっているため、肌荒れ(赤み、かゆみ、ぶつぶつなど)ができる可能性もあります。

日光のあたる場所に長時間いることは避け、適温である屋内で過ごすようにしましょう。

お風呂に入らず、シャワーまでで止めておくことも、保湿の面でも大切です。

施術後の肌はデリケートなので、刺激を極力カットしましょう。

脱毛を失敗しないためにはデメリットを知ろう!永久脱毛のデメリットには何がある?

永久脱毛/脱毛のデメリット1・元の形に戻せない

永久脱毛を行った人が、のちのち予想外に「失敗した!」と感じることのひとつが、元には戻せないということです。

永久脱毛は、一生ムダ毛ゼロにはできませんが、数年たってもぽつぽつと生える程度にはすることができます。

若い時のムダ毛はとても気になり、思い切った施術をできるかもしれませんが、数年たってから趣味が変わった時に、少し後悔することもあるようですね。

VIOは、温泉などに行くとやはり目立ちますし、お付き合いしている男性が変われば、趣味も変わりますよね。

眉の形も時代によって流行が変わるものです。

もみあげ、ひげなどの顔の周りのパーツも後悔しやすいので、永久脱毛を始める時はスタッフの方と相談して、自分で調節できる部分を少し残しておくのも、良い手でしょう。

永久脱毛/脱毛のデメリット2・汗が増えたように感じる

口コミなどで、「永久脱毛をしたら汗が増えた。」という声を聞いたことがありませんか。

こういった感想は一定数あるのですが、実際は、脱毛することで汗が増えているわけではありません。

人間の体に生えている毛には、体を守る・紫外線を防ぐ、お肌の温度管理などの働きがあります。

そのほかにも、まつ毛などを見るとわかりますが、流れ落ちる汗が目に入らないよう、ためて保護する働きもあるのです。

汗が出る汗腺は、毛穴のそばにあります。

汗腺から出た汗は一度ムダ毛につき、すぐ流れ落ちることはありません。

ですが、毛がなくなれば汗が直接肌を伝うようになり、「汗が増えた。」と感じるようになっているだけなのです。

決して汗の質や量が変わっているわけではありませんのでご安心くださいね。

永久脱毛/脱毛のデメリット3・永久脱毛しようとすると高額になる

永久脱毛をしようと思う人は、医療脱毛のクリニックで、比較的痛みの少ないレーザー脱毛を選ぶことが多いと思います。

一回の脱毛効果は高いですが、回数が少ない割には、かなりの高額になることもデメリットのひとつです。

近年は4~6回程度で脱毛終了を売りにするクリニックも多いですが、それでも10万円台。

永久脱毛と言えるほどのクオリティを求めるならば、それ以上の施術は必要になりますので、全身永久脱毛は30万円を超えることもあります。

1~2年で終了する手軽さはありますが、かなりの出費には変わりません。

手元にまとまったお金のない人は、医療ローンなどの分割ができるか?
割引やキャンペーンなどは利用できるか?

などを良くチェックして、一番自分に合ったクリニックを選ぶと良いでしょう。

エステ脱毛サロンでは永久脱毛できない(永久脱毛に近い状態にはできる)

そもそも永久脱毛とは、「ムダ毛が一生生えない脱毛」ではなく、「再生率の低い状態を保てる脱毛」のことです。

具体的には「最後の施術の1ヶ月後に再生率が20%以下」、または「3回の施術を行い、半年後の毛の量が67%以上減っている」などの米国の基準によって、永久脱毛と判断されます。

つまり、ムダ毛の減り方が早く、再生率が低くなる脱毛法のことなのですね。

この条件に当てはまるのは、現在医療脱毛のみで、サロンの光脱毛では、残念ながら永久脱毛をすることはできません。

ですが、サロン脱毛で行う光脱毛は、毎回の照射で毛根にダメージを与え、毛を生えにくくする施術法です。

しっかりと施術を重ねれば、時間はかかりますが徐々に毛根は弱り、ほぼ自己処理のいらない永久脱毛に近い状態にすることはできるのです。

エステサロンは照射パワーが弱く、永久脱毛に近い状態にするまでに回数と時間がかかる

永久脱毛ができる医療脱毛と、サロンでの光脱毛の大きな違いは、使用している機種の違いです。

永久脱毛は

「3回施術で、半年後にムダ毛が67%以上減っていること」

が条件ですので、ある程度、出力の高いレーザーを使用する必要があります。

現在では医師がいる医療機関でしか取り扱うことができません。

脱毛サロンの機種は出力が低く、痛みが少ない分、永久脱毛に近いクオリティの脱毛をしようと思うと、とても時間がかかってしまいます。

産毛もないツルツルのお肌になるまでには、平均で約24回。

2ヶ月に一回通えたとしても4年間もかかってしまうのです。

永久脱毛を求めてサロンを利用するならば、回数無制限のプランなどを利用して、長い目で通うと良いでしょう。

医療脱毛は永久脱毛が可能

永久脱毛の定義は

「最後の施術の1ヶ月後に再生率が20%以下になること」
「3回の施術を行い、半年後の毛の量が67%以上減っている」

ことと言われています。

これを実現するためには、ある程度出力の高いレーザーを使った機種が必要なため、それを取り扱うことのできる医療機関だけが、永久脱毛をすることができるのです。

ムダ毛は、毛乳頭(毛の根元)、毛母細胞(根元の細胞)、バルジ領域(毛の真ん中あたりにある発毛を指示する器官)によって生えてゆきます。

永久脱毛では、これらの組織を破壊して、毛が生えることができなくさせる必要があります。

「組織を破壊する」という行為は医療行為にあたるので、医師、または看護師資格を持つ人だけが取り扱うことができると言うわけなのです。

医療脱毛は照射パワーが強く、永久脱毛までの回数と時間が短いが料金が高い

医療脱毛による永久脱毛のメリットのひとつは、やはり回数が少なくて済むことです。

医療脱毛で使用する機種は照射パワーが強いため、個人によって違いはありますが、脱毛完了回数の目安は5~7回と言われています。

実際の口コミをみても、8~10回程度では終了するようです。

施術は毛周期の成長期を狙って行うことが多いため、施術間隔は3~4ヵ月に一度です。

終了までに早ければ1年程度と、サロンと比べてかなり短いことがわかります。

ですが、お値段は少しお高め。

VIO顔込みの全身脱毛をしようと思うと、30万円ほどかかることもあります。

これは、高出力の医療レーザーの機械がとても高額だからと言われています。

サロンならば同じようなお値段で数年通えることを考えると、そのパワーの差を感じますよね。

【永久脱毛のデメリット】全身脱毛の料金について

永久脱毛のデメリット

永久脱毛のデメリット/全身脱毛の料金が高い?

全身脱毛のデメリットですが、これは何といっても料金が通常の部分脱毛と比較した場合、高くなるという問題が挙げられます。

これはなぜかと言いますと、全身脱毛は、脱毛を行う際、全身にレーザーを当てるがゆえ、やけどのリスクというものを全身に追います。

そのため、どこか脱毛時にやけどを負ってしまった場合、ケアをして治療をする必要性というものが生まれるがゆえ全身脱毛の料金は高くなってしまうのです。

逆に、全身脱毛で脱毛料金を下げようとした場合、どこを削るかという問題を考えます。

恐らく、痛みを感じなくする麻酔を使用しないとか、やけどをした際の治療に使用する麻酔や痛みを緩和するジェルなど。

ほか冷却ジェルですら、使用を控えるという選択を脱毛エステやクリニック側が実地しなければ恐らく安価で全身脱毛はできないでしょう。

もしくは、レーザー以外の光脱毛という時間とその後のメンテナンスに時間を掛ける脱毛方法しか安価に脱毛できない脱毛法になります。

全身脱毛はどうしてもデメリットにおいては、料金が高くなり、これは安全を取るがゆえ、高額になるということです。

全身脱毛できるクリニック・サロン一覧

全身脱毛できるクリニック 全身脱毛できるサロン
・アリシアクリニック
・エミナルクリニック
・リゼクリニック
・湘南美容クリニック
・ブランクリニック
・レジーナクリニック
・フレイアクリニック
・グロウクリニック
・リアラクリニック
・ミュゼ
・キレイモ
・銀座カラー
・ストラッシュ
・シースリー
・ラココ
・脱毛ラボ
・恋肌

が全身脱毛にて医療系レーザーや電気脱毛に光脱毛などを使用して脱毛を行っています。

ほかにもエステサロンTBCというクリニックも全身脱毛が可能でこちらも電気脱毛という方法で脱毛を行っています。

なお、大半は、全身脱毛は、レーザーによる脱毛が主流で、こちらの方法の利点は、長期間クリニックに訪れる必要が無いという点です。

反面にエステなどの施設では、医療行為による脱毛になりますので、レーザーによる脱毛を行っていないなどの問題もあります。

レーザーは皮膚に大きなダメージを負うということから光脱毛という方法を取り入れている事業者も多いです。

ただし、光脱毛は長期間エステに通う必要があることから、電気脱毛という方法で毛根を焼き切るという方法で脱毛をする方が早いという意見もあります。

電気脱毛、レーザーに光脱毛のいずれかが主流です。

医療脱毛の全身脱毛料金一覧

クリニック 総額(税込) 月額料金(税込)
アリシアクリニック 198,000円 2,900円 (60回)
エミナルクリニック 178,990円 2,780円 (60回)
リゼクリニック 288,000円 12,000円 (24回)
湘南美容クリニック 244,200円 4,800円 (60回)
ブランクリニック 108,900円 1,600円 (60回)
レジーナクリニック 207,900円 4,700円 (60回)
フレイアクリニック 173,800円 2,900円 (60回)
グロウクリニック 131,250円 1,500円 (60回)
リアラクリニック 141,900円 1,800円 (60回)

アリシアクリニックは、全身脱毛の料金は、198,000円で税込みになります。

一方、・エミナルクリニックは178,990円・リゼクリニックは288,000円になります。

湘南美容クリニックは244,200円・ブランクリニックは108,900円・レジーナクリニックは207,900円で・フレイアクリニックは173,800円・グロウクリニックは131,250円でリアラクリニックは141,900円になります。

なおいずれも脱毛においては、顔を除いての全身脱毛になり顔を入れると料金が別になります。

全身脱毛と異なるプランになりますので、ここに記載している価格は、顔の脱毛を除いた全身脱毛になります。

よって一番安価なのは、ブランクリニックが一番安価に脱毛ができます。

しかしブランクリニックの場合、追加施術をしない場合その金額であるということになります。

ですからあくまでとんとん拍子に言った場合その価格で成功という流れになるので注意しましょう。

エステ脱毛サロンの全身脱毛の料金一覧

脱毛サロン 総額(税込) 月額料金(税込)
ミュゼ 187,200円 回数・期間無制限 4,600円
キレイモ 390,000円 回数・期間無制限 6,000円
銀座カラー 290,000円 回数無制限 3,900円
ストラッシュ 550,000円 回数無制限 12,900円
シースリー 139,900円 回数・期間無制限 3,700円
ラココ プランはありません 3,300円
脱毛ラボ 16か月の契約で割引システム 2,189円
恋肌 111,900円 2,990円

ミュゼは、全身脱毛の料金は、月々4,600円という方式なので、料金については不明です。

なので、一発で効果が出れば、3,200円で済むという流れです。

キレイモの場合、全て全身脱毛のプランになります。39万円から全身脱毛を完全に行うというもので、追加施術になれば、39万円を超えるというような感じです。

銀座カラーについては、脱毛し放題で29万円の価格帯になります。

ストラッシュの場合、顔を除いて完了コースであれば、55万円とかなり高額になります。

シースリーは通い放題で139,900円。ただし、割引後の実質料金になりますので実際にはこの金額より支払額は多くなります、

ラココについては、月額から3,300円という価格での脱毛になり、全身脱毛の絶対完了プランというものはありません。

脱毛ラボの場合は、月額2,189円で16か月の契約をすれば割引を行うというシステムです。

恋肌の場合、11万1900円にて全身脱毛を行いますが通い放題ではありません。

永久脱毛のデメリットについてのまとめ

永久脱毛のデメリット/後悔する理由と後悔しないための対策についてまとめ
永久脱毛のデメリット/後悔する理由1・永久脱毛すると元に戻せない

永久脱毛のデメリット/後悔する理由2・高額な費用がかかる

永久脱毛のデメリット/後悔する理由3・痛みが強い

永久脱毛のデメリット/後悔する理由4・肌トラブルのリスクがある

 

 

永久脱毛のデメリット/脇の永久脱毛のデメリットと脇を永久脱毛する上での対策についてまとめ
脇の永久脱毛のデメリット 脇の永久脱毛する際の対策
脇の永久脱毛のデメリット1・脇の永久脱毛をすると脇汗が増える!?

脇の永久脱毛のデメリット2・料金が高くなってしまう

脇の永久脱毛のデメリット3・脱毛期間が長く最後まで通えない可能性がある

脇の永久脱毛する際の対策1・脇汗をかいたらタオルですぐ拭き取る

脇の永久脱毛する際の対策2・エステ脱毛サロンの回数・期間無制限プランに契約をする

 

 

永久脱毛のデメリット/知っておきたい脱毛の仕組みと効果についてまとめ
永久脱毛の仕組みについてまとめ 永久脱毛の脱毛効果についてまとめ
医療レーザーを使用した永久脱毛の仕組み1・熱破壊式永久脱毛

医療レーザーを使用した永久脱毛の仕組み2・蓄熱式永久脱毛

医療レーザーを使用した永久脱毛の仕組み3・ニードル脱毛による永久脱毛

永久脱毛の効果1・永久脱毛することで自己処理の頻度が減る

永久脱毛の効果2・永久脱毛することで自己処理により肌を傷つけない

永久脱毛の効果3・永久脱毛後は保湿して、日焼けを避ける

 

【永久脱毛のデメリット】全身脱毛のあるクリニック・サロンや料金についてまとめ

全身脱毛できるクリニック 全身脱毛できるサロン
・アリシアクリニック
・エミナルクリニック
・リゼクリニック
・湘南美容クリニック
・ブランクリニック
・レジーナクリニック
・フレイアクリニック
・グロウクリニック
・リアラクリニック
・ミュゼ
・キレイモ
・銀座カラー
・ストラッシュ
・シースリー
・ラココ
・脱毛ラボ
・恋肌

 

医療脱毛の全身脱毛料金のまとめ

クリニック 総額(税込) 月額料金(税込)
アリシアクリニック 198,000円 2,900円 (60回)
エミナルクリニック 178,990円 2,780円 (60回)
リゼクリニック 288,000円 12,000円 (24回)
湘南美容クリニック 244,200円 4,800円 (60回)
ブランクリニック 108,900円 1,600円 (60回)
レジーナクリニック 207,900円 4,700円 (60回)
フレイアクリニック 173,800円 2,900円 (60回)
グロウクリニック 131,250円 1,500円 (60回)
リアラクリニック 141,900円 1,800円 (60回)

 

脱毛サロンの全身脱毛料金のまとめ

脱毛サロン 総額(税込) 月額料金(税込)
ミュゼ 187,200円 回数・期間無制限 4,600円
キレイモ 390,000円 回数・期間無制限 6,000円
銀座カラー 290,000円 回数無制限 3,900円
ストラッシュ 550,000円 回数無制限 12,900円
シースリー 139,900円 回数・期間無制限 3,700円
ラココ プランはありません 3,300円
脱毛ラボ 16か月の契約で割引システム 2,189円
恋肌 111,900円 2,990円

 

関連ページ:【シースリーの口コミ】効果ない?料金や効果の評判について

コメント