永久脱毛したけど生えてくる?ぶっちゃけ医療脱毛とエステ脱毛の脱毛は?

脱毛




永久脱毛って生えてくる?医療脱毛について

永久脱毛 生えてくる

医療脱毛は永久脱毛?脱毛方法の種類は?

永久脱毛できる脱毛の種類1・医療脱毛/レーザー脱毛について

医療脱毛の主流はレーザー照射による脱毛です。

施術によって毛根が破壊されるので、毛の再生力が極度に落ちます。

そのため、医療脱毛は永久脱毛とされています。ひとりひとりの体質や毛質によりますが、施術は2か月から3か月の間隔をあけて5回から10回、期間にして1年から2年ほどで完了することがほとんどです。

レーザーは強力な光線のため、施術は医師免許を持つ者に限られる医療行為となります。

かつては医療免許を持たない施術者によるレーザー脱毛によって、体への被害が多数報告されて問題となりました。

現在は医師法という法律と、厚生労働省による指導で管理されています。

レーザー脱毛の施術を受けるときには、医院・クリニックといった医療施設で、医師による施術が行われていることを確認しましょう。

永久脱毛できる脱毛の種類2・針脱毛/ニードル脱毛について

針/ニードル脱毛は、毛穴にごく細い針を差して毛根に電流を送る脱毛法です。

医療機関での針/ニードル脱毛は、高い出力で毛母細胞を破壊します。

針は絶縁体を使用していて毛穴周囲の組織への影響はありません。

一本ずつ毛穴の奥の毛根を狙うので、確実で高い効果がある永久脱毛です。

一方で、時間と費用がかかるため、広範囲の施術には向かず、部分的な脱毛におすすめの方法です。

痛みがとても強いと言われていますが、感じ方は施術部位や人によって

「思ったほど痛くなかった」
「麻酔しないとできなかった」

までさまざまです。

医療機関とは別に、サロンなどでも、針/ニードル脱毛の一種が提供されています。

こちらは美容電気脱毛、美容針脱毛などと呼ばれる微弱な電流による脱毛法で、永久脱毛ではありません。

永久脱毛できる脱毛の種類3・美容脱毛/サロン脱毛について

脱毛サロンやエステなど、医療施設ではない場所で行わるのが美容脱毛です。

美容脱毛では、光(フラッシュ)脱毛が主流です。

これは、高周波の熱によって毛根にダメージを与え、毛の再生力を落とす方法です。

2か月から3か月の間隔をあけての施術で、少しずつ毛の再生力を弱らせてゆきます。

体質や毛質によりますが、効果が見られるまでに1年以上かかることもあり、完了までの回数は5回から20回ほどと人や施術部位によって差があります。

ここでの完了とは、いったんムダ毛が生えない状態になることです。

安い費用設定で、若い女性に向けたおしゃれな広告が多く見られますね。

では、「いったんムダ毛が生えない状態」・「安い費用設定」ってどういうことなのか、次でお話しします。

美容サロン/脱毛サロンは永久脱毛はできない!?

美容サロンや脱毛サロンでの施術では、毛根に与えられるダメージが強くなく、毛根が破壊されることは基本的にありません。

一般的に美容脱毛の施術スタッフは医療免許を持たない「専門スタッフ」で、医療免許なく毛根に強いダメージを与える脱毛器を使用すると法令違反になります。

また、美容脱毛のサロンが広告で「永久脱毛」と表示することも、特定商取引法違反となります。

毛は、毛根の中で守られる毛母細胞が成長してできたものです。

美容脱毛では、この毛母細胞の働きを弱めますが、毛母細胞を死滅させることはほぼできません。

施術で弱まっても活きている毛母細胞は、いずれ力を取り戻し、また毛を再生させます。

そのため、サロンでは1回あたりの費用は安くすみますが、永遠に施術を受け続けなければならないことになります。

サロンでは永久脱毛はできないのです。正確には「永久脱毛に近い状態にできる」という表現が適切でしょう。

医療脱毛・針脱毛・エステ脱毛の違いは?

レーザー脱毛・医療による針(ニードル)脱毛などは永久脱毛です。光(フラッシュ)脱毛・美容電気脱毛などは永久脱毛ではありません。

効果で比較すると、いちばん効果が高いのは医療による針(ニードル)脱毛で、その次からレーザー脱毛→美容電気脱毛→光(フラッシュ)脱毛の順になります。

また、レーザー脱毛や光(フラッシュ)脱毛は、毛の組織の色素(黒色)に反応して高熱を毛根に届けるという特徴があります。

そのため、肌に濃い日焼けやほくろ・シミなどがあると施術が危険になりますし、反対に色素の薄いうぶ毛は処理されにくいという弱点があります。

一方で、針(ニードル)脱毛や美容電気脱毛は色素とは無関係なので、このような場合でも効果があります。

医療脱毛の効果は一生続く?生えてくることはない?

永久脱毛の効果は一生とは限らない

医療機関によるレーザー脱毛・針(ニードル)脱毛は永久脱毛ですが、残念ながら生涯にわたって毛が再生されないという保証はありません。

日本では永久脱毛が明確に定義されていないため、脱毛に関わる会社・団体では

「長期にわたって生える毛が減っている」
「何年もムダ毛の手入れの必要がなくなる」

など、独自の意味で解釈されています。

また、アメリカのAEA(米国電気脱毛協会)による「最後の施術より1か月経過の時点で、再生する毛量が20%まで」という解釈が参考にされることもあります。

いずれにしても、毛がまったく再生されない状態が一生続くとはされていません。

また、日本で永久脱毛が広がったのは1990年代で、まだその効果が十分に検証されていないのが現状です。

永久脱毛って生えてくる?エステ脱毛で永久脱毛できる?

永久脱毛 生えてくる

エステ脱毛サロンでは永久脱毛できない

少しでも効果が高い脱毛の施術を受けたいと考えて、エステ脱毛サロンで永久脱毛の施術を受けたいと考えている方もいるでしょう。

しかし脱毛サロンで行われているのは、脱毛の施術のみで、永久脱毛の施術は行われていません。

国内において永久脱毛の施術が行えるのは、医療脱毛クリニックもしくは美容皮膚科などの医療機関のみです。

永久脱毛の施術には医療用のレーザーを使う必要があるため、エステ脱毛サロンでは永久脱毛の施術ができないのです。

医療機関で使われている医療用レーザーは、肌に照射して毛を生成する組織を破壊できます。

毛を生成する組織を破壊することで毛の再生率を低く保てるのが永久脱毛です。

一方脱毛サロンで行われている脱毛は、減毛や抑毛を目的としています。

エステ脱毛サロンでは回数・期間無制限プランに限り永久脱毛に近い状態にすることは可能/おすすめはシースリー

永久脱毛の施術が受けられないなら、エステ脱毛サロンを選ぶよりも医療クリニックで永久脱毛の施術を受けるべきかと考える方もいるでしょう。

しかしエステ脱毛サロンであっても、利用するプランによっては永久脱毛に近い効果を得られます。

例えば回数・期間無制限プランを使う場合であれば、何度も脱毛の施術を受けることが可能です。

そして何度も施術を受けていくことで、永久脱毛に近い効果が期待できます。

また医療用レーザーよりも痛みや肌への刺激が少ないため、エステ脱毛サロンは肌が弱い方や敏感肌の方でも施術を受けやすいというメリットがあげられます。

利用するサロンによって提供しているプランや効果は異なるので、個別に確認したうえで脱毛の施術を受けるかどうか検討しましょう。

シースリーの回数・期間無制限プランは料金も安くお得なのでおすすめです。

回数・期間無制限プランが付いているエステ脱毛サロン一覧

エステ脱毛サロンの銀座カラーには医療脱毛が付いている

銀座カラーはエステ脱毛サロンですが、脱毛プランの中に医療脱毛がついているものもあります。

提携先のクリニックで医療脱毛も受けられるプランを選ぶことで、より高い脱毛効果が得られます。

通常の銀座カラーで行われている脱毛プランと合わせて、提携先のクリニックで医療脱毛を受けることで、きれいな肌の状態を保ちやすくなるかもしれません。

もちろん医療脱毛があるから効果が高いというわけではなく、医療脱毛を利用しない場合でも、銀座カラー独自の取り組みで高い脱毛効果が期待できる環境が整っています。

そのため医療脱毛の施術も利用できるという理由だけで選ばずに、銀座カラーを利用することにはどのようなメリットがあるのかという点も含めて、施術を受けるか検討しましょう。

銀座カラーには医療脱毛が付いているけど全て医療脱毛ではないので人によっては永久脱毛できないケースがある

銀座カラーには医療脱毛が付いていると言われると、すべて医療脱毛の施術を受けられて、永久脱毛ができるというイメージを持つ方もいます。

しかし基本的に銀座カラー内で脱毛の施術を行って、特典として医療脱毛も利用できるという内容です。

また特典の医療脱毛は、提携医療機関で行われ、保険適用外の自由診療となるという点も押さえて利用しましょう。

ただし住んでいるエリアによっては、医療脱毛の特典の対象外となる場合があります。

特典の対象外の場合には、全身保湿トリートメントが特典として利用できます。

銀座カラーを利用すれば必ず医療脱毛も受けられるというわけではないため、特典の内容を確認したうえで銀座カラーの利用を検討しましょう。

エステ脱毛サロンの効果は個人差がある

エステ脱毛サロンを利用する際に注意が必要なポイントの1つが、効果の感じ方は人によって違いがあるという点です。

肌質や毛の濃さなど、さまざまな理由で同じ施術を受けた方でも効果の感じ方には個人差があります。

個人差があるという点を理解したうえで、脱毛サロンでどのようなプランで契約をするか検討しましょう。

毛の量が多いもしくは毛が濃いという方であれば、期間や回数無制限のプランに契約することで、納得いくまで脱毛の施術が受けやすくなるかもしれません。

また基本的にエステ脱毛サロンでは永久脱毛の施術は受けられませんが、何度も施術を受けていくことで、永久脱毛に近い効果が感じられる可能性もあります。

特徴を押さえたうえで脱毛サロンの利用を検討しましょう。

永久脱毛って生えてくる?ぶっちゃけ永久脱毛できるの?効果やサロン脱毛との違いは?

永久脱毛 生えてくる

医療脱毛とエステ脱毛の違い

医療脱毛とエステ脱毛の違い。それは「使用出来る脱毛機器の性能」にあります。

医療脱毛が使用する脱毛器は、医療従事者のみ使用できるものです。

そのため、出力パワーが強く、脱毛効果を実感しやすい製品を使用することが出来ます。

対して、エステ脱毛のスタッフさんは、医療従事者ではありません。使用できる脱毛器は、あくまで一般的な範囲に留まります。

こうした脱毛機器による違いは、費用にまで違いを及ぼします。医療脱毛のほうは、1回あたりの費用は高めに設定されています。

対してエステ脱毛のほうは、割引キャンペーンが実施されていることや、1回あたりの費用がリーズナブルなケースが多いものです。

永久脱毛を行いたいなら医療脱毛を、毛の量を抑えたい・減らしたいのであればエステ脱毛のように、使い分けをすることをおすすめします。

医療脱毛はぶっちゃけ永久脱毛効果あるの?

医療脱毛には永久脱毛の効果があると言われています。

それは、毛根内部にある毛を生やす細胞・毛母細胞をレーザー照射で破壊することが出来るからです。

ムダ毛を作り出す機関そのものが失われた場合、毛は永久に生えてこなくなります。

ただし、ここで問題になるのは「毛周期」です。

このレーザー照射での破壊を行うことが出来るのは、「毛周期」が成長期にある毛根だけです。

休眠期に入っている毛根は、いくらレーザー照射を行ったとしても破壊することが出来ません。

そのため、永久脱毛とは言え全てのムダ毛をなくすためには、何度か医療機関への通院が必要となります。

加えて、「毛の再生率が全体の20%以下」であれば、永久脱毛として宣伝を行うことは問題がありません。

こうした点も、知っておくべきでしょう。

ぶっちゃけ麻酔ができるのは医療脱毛だけ

医療脱毛を提供することが出来るのは、医療機関だけです。

皮膚科や美容形成外科などが、医療脱毛を行っています。

そのため、脱毛で痛みを感じたときには、医師の判断で麻酔を使用することも可能です。

皮膚に塗るタイプの麻酔クリームや、笑気麻酔、局所注射による麻酔など、複数の方法を用意している医療脱毛機関も存在します。

これは痛みに弱いという人にとって、ありがたい対策と言えるでしょう。

エステ脱毛は、医療機関ではないためこうした麻酔を使用することは出来ません。

肌を冷却することや、脱毛器のヘッド部分を連続冷却することで、痛みを抑える処置であれば可能です。

自分が痛みに対して強いかどうか、という点において医療脱毛かエステ脱毛を選ぶ、という方法もあると言えるでしょう。

永久脱毛は無理!?ぶっちゃけまた生えてくる?数年後は?

永久脱毛のあとに毛が生えてきた、というケースはよく耳にする話です。

永久脱毛の定義では、「全体の毛の再生率が20%以下」であれば、永久脱毛が出来ると言えます。

その残りの部分から毛が生えてくることは、十分に考えられることと言えるでしょう。

レーザー照射を受けた部分であっても、ホルモンバランスの乱れなどから毛根が復活し、ムダ毛が生えてくる場合があります。

「毛周期」で休眠期だった毛穴が、活動を開始した結果、毛を生やしてしまうこともあるのです。

何年後に生えてくるか、という話に関しては個人によってバラつきがあるため、一概には言えない部分です。

しかしおよそ10年が経過した頃に、再びムダ毛が生えてきたというケースは比較的耳にするものと言えます。

再度ムダ毛が生えてきた場合は、まず施術を受けたクリニックに連絡をすることが一番大切です。

医療脱毛はぶっちゃけ何回通う必要がある?

医療脱毛に通う回数は、毛量や毛の性質からそれぞれ異なります。

1回の施術を受けたあとは、再度毛が成長するまでレーザー照射をすることは出来ません。

1か月から2か月ほどは、期間を空けることになります。

その場合、ほとんどの医療機関での脱毛は、6回または7回で完了するケースが多いようです。

期間にすると1年から2年は、通院が必要と考えておくと良いでしょう。

個人の毛量や質だけではなく、医療機関が使用するレーザーの種類や、毛周期などによっても回数は異なってくる可能性があります。

また、自分がどこまで肌をきれいにしたいかによって、こうした回数は異なるものです。

最初のカウンセリングの際には、自分の希望する肌状態を伝え、おおよそどのくらいの回数の照射が必要か、相談してみましょう。

ぶっちゃけ医療脱毛の値段は?安い?

医療脱毛は「高額」であるというイメージが非常に強いものです。

近年はキャンペーンを取り入れたり、リーズナブルな機器を使用することで値下げをしている医療脱毛機関もあります。

医療脱毛は基本的にエステ脱毛よりは、高額であることに代わりはありません。

ただし、近年はエステ脱毛でも高級サービスをうたい、金額が跳ね上がることがあります。

そのため、医療脱毛の値段は「1回分」なのか、「総額」なのかを必ず確認することが大切です。

さらに、「月わずか数千円」と書かれている宣伝は、ローンや分割支払いを前提にしていることが多いものです。

本当の値段はいくらかをしっかり、把握することが大切です。

医療脱毛の場合、医師が常駐しているため皮膚トラブルがあったとしても、手厚いケアを受けることが出来ます。

こうしたサポート面の強さも含めて、金額を判断することが大切です。

ぶっちゃけエステ脱毛は永久脱毛に近い状態にはできるけど、永久脱毛はできない

エステ脱毛には効果がない、ということではありません。近年は優秀な脱毛器も登場しているので、問題なく脱毛を行うことが出来るケースもあります。

ただし、医療機関ではないため、出力できるパワーに制限があるのは事実です。

何度も通うことで、毛を少なくしたり、量を抑えることは出来ますが、永久脱毛のためには毛根の破壊が必要となります。

それほど強いパワー出力を行うことが出来るのは、やはり医療機関の脱毛レーザーとなるのです。

もともと毛量が少ない、色が白くレーザーが浸透しやすいといった方は、エステ脱毛でも相応の効果は期待することが出来ます。

さらに、エステ脱毛の場合は再度生えてきた場合は、その際の脱毛を半額にしてくれるといった、割引サービスを行っているお店もあるため、メリットを手にすることも出来るのです。

自分の希望によって、最適な法を選ぶことが大切と言えます。

永久脱毛って生えてくる?きちんと脱毛できるの?

永久脱毛 生えてくる

永久脱毛の定義とは

「この先、一生ムダ毛に悩まなくて済むように、いっそ永久脱毛ができるところを選ぼう!」

と、少し痛いけど医療脱毛クリニックを選択する人も多いですよね。

では、永久脱毛は、本当に可能なのでしょうか。

日本では「永久脱毛」にはっきりした定義がありません。

ですがアメリカのFDA(米国食品医薬品局)では

「3回の施術後、6ヶ月経った時点で毛の量が67%以上減る」

また電気脱毛協会では

「最後に脱毛した時から1ヶ月後のムダ毛の再生率が、20%以下である」場合を永久脱毛(permanent hair removal)の条件と定義しています。

つまり永久脱毛とは、とても再生率が低い状態をキープできるようにする脱毛法のことなのですね。

意味を誤解していると、脱毛卒業後にまた生えてきてがっかり!

ということもあるのかもしれません。

永久脱毛したいならクリニック選びを慎重にしましょう

永久脱毛ができる脱毛法は、医療レーザー脱毛かニードル脱毛と言われています。

永久脱毛を希望するならば、そのどちらかを行っている医療脱毛クリニックの中から、慎重に選びましょう。

一般的な脱毛サロンは、毛の再生を抑える・減らすためのものであり、永久脱毛には不向きです。

一番効果が高いと言われるのは、ニードル法を行っているクリニックです。

ですが、ニードル法は毛穴のひとつひとつに針を入れて電流を流す脱毛法のため、痛みが強く、施術の時間もかかるというデメリットがあります。

レーザー脱毛を行っているクリニックは、少し効果が落ちますが、痛みが非常に少ないものも多く、広範囲を一気に施術できるので、卒業が早いのが魅力と言えます。

自分の希望に合っているものはどれなのか、しっかり考えて選びましょう。

アフターケアがしっかりしているところを選ぶ

医療脱毛を選ぼうと言っても、近年はたくさんの魅力的なクリニックがあり、迷ってしまいますね。

永久脱毛は、一生毛がゼロになるわけではないので、脱毛卒業後にしっかりとアフターケアをしてくれるクリニックを選ぶと良いでしょう。

医療脱毛は施術力が高いため、5回プランなど、効果が期待できる回数のパックが多いようです。

ですが、クリニックによっては、「期間内通い放題」というような有効期限を付けて「永久保証」をつけている場合もありますのでチェックしてみましょう。

渋谷美容外科クリニックは、有効期限を設けずに無制限通い放題プランを用意している珍しいクリニックです。

また、回数パックを選んだ人も、回数が終了した後に、格安で追加をできるか、パーツだけの追加ができるかなどを確認しておくと良いでしょう。

コツコツ通えばきちんと脱毛できる

永久脱毛は、ムダ毛をゼロにするわけではないと聞くと

「たくさんお金をかけるのに、なくなるわけじゃないんだ…。」

と少しがっかりしてしまいますよね。

ですが、選んだ脱毛法の特徴をしっかり理解して、正しくコツコツと通えば、かなりキレイなお肌を保つことができます。

一番確実なニードル法は、ムダ毛一本ずつ施術を行います。

長い期間と痛みを覚悟してじっくり通えば、ほぼ永久の脱毛が期待できるでしょう。

レーザー法でも、毛周期に合わせて、クリニックの指示通り焦らずに施術を重ねれば、しっかりと効果が表れるでしょう。

サロン脱毛だったとしても、かなりの回数が必要ですが、徐々に毛根を弱らせ、自己処理のいらない状態に近づけることができますよ。

綺麗なお肌を保つためには、地道な努力が必要なようですね。

永久脱毛って生えてくる?脱毛完了後もまた生えてくる?

永久脱毛してもまた生えてくることがある

永久脱毛が終わったらもう二度とムダ毛が生えてこない、そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか?

実は永久脱毛が終わってからもムダ毛が生えてきてしまうことがあるのです。

実は永久脱毛は「永遠にムダ毛が生えてこない脱毛」という意味ではありません。

正しい意味は「脱毛が終わってから、一か月たった時の毛の再生率が20%以下」という意味なのです。

なので永久脱毛をしても、20%以下の確率でムダ毛が生えてきてしまうことがあります。

せっかく時間や手間、お金をかけて永久脱毛したのに、またムダ毛が生えてきてしまったら悲しいですよね。

今回はなぜ永久脱毛後もムダ毛が生えてきてしまうのか、その原因を説明したいと思います。

永久脱毛してから毛が生えてくる期間はどれくらい?

とはいえ、永久脱毛してからすぐに生えてきてしまうということはかなりレアなケースです。

一般的には「2~3年たったら、またムダ毛が気になるようになった」という意見が多いようです。

永久脱毛後にムダ毛が生えてきてしまう原因はさまざまで、その原因によりまた生えてきてしまうまでの期間はバラバラです。

打ち漏れがあり2~3か月で生えてきてしまうケースや毛周期の乱れによるケース、妊娠などのホルモンバランスにより数年後に生えてくるケースもあります。

ですので一概に何か月、何年などとは断定できません。

また背中などは自分では見えない場所なのでムダ毛が生えてきても気が付かず、海などで他人に指摘されて知る…

というパターンも多いようです。

医療脱毛は生えてこない永久脱毛、エステ脱毛は生えてくる減毛

医療脱毛とエステ脱毛の違いをご存じですか?医療脱毛は主にクリニックなどで看護師や医師が行う脱毛です。

医療レーザーで行う脱毛で、扱う機械もクリニックによって様々です。

医療レーザー脱毛はパワーが強く、病院でしか行えません。少ない回数で脱毛できますが、その分やや高価です。

パワーが強いので脱毛効果も高く、一般的な永久脱毛は医療脱毛であることがほとんどです。

対してエステ脱毛はエステサロンで行われており、医療脱毛と比べると安価ですがパワーは弱く、抑毛や減毛効果が主となっている場合も多いです。

気軽に通える、安価で通えるなどがメリットです。

しかしエステサロンの永久脱毛は医療脱毛と比較して、また毛が生えてきてしまうことが多いようです。

永久脱毛後に毛がまた生えてくるケースとは?

永久脱毛後に毛がまた生えてくるケース1・加齢による影響

まずは加齢が原因でまた生えてきてしまうケースについて説明します。

個人差がありますが女性は40代後半から50代前半ごろに閉経にむけて体に様々な変化が現れます。

代表的なものだと更年期障害ですね。

これは主に女性ホルモンが閉経に向けて徐々に減っていき、その反対に男性ホルモンが徐々に増えていくことが原因です。

男性ホルモンは毛を製造する〝毛母細胞〟を活発にする働きがあります。

もちろん毛母細胞はムダ毛以外にも髪の毛などに働きかける大切な細胞です。

毛母細胞が髪の毛だけに働いてくれれば良いのですが…そういう訳にもいきません。

その為、結果的に毛母細胞が活発になりムダ毛が再び生えてきてしまうパターンがあるようです。

永久脱毛後に毛がまた生えてくるケース2・ホルモンバランスの乱れによる新しい毛の発生

次はホルモンバランスの乱れが原因で生えてきてしまうケースについてです。

先ほどもお話ししましたが、毛が生えてくる一つの大きな要因は女性ホルモンです。

女性ホルモンが乱れる原因はさまざまです。

妊娠や出産、月経、偏った食生活、ダイエット、不眠、喫煙、過度のストレス、季節の変わり目など数え切れないほどあります。

特に現代社会は不眠やダイエットの悩みを抱える方が多く、女性ホルモンが乱れている方も多いようです。

女性ホルモンが大きく乱れると、今までは生えていなかった場所から生えるようになったり、脱毛が終わったにも拘わらず生えてくるケースがあります。

まずは女性ホルモンを整えるために規則正しい生活を心がけたいですね。

永久脱毛後に毛がまた生えてくるケース3・毛周期の乱れ

今度は毛周期の乱れが原因で生えてきてしまうケースについてです。

毛の生え変わりには毛周期が大きく関係しています。

毛は一度にすべて生えてくるわけではなく成長期→退行期→休止期を繰り返し、生えたり抜けたりを繰り返しています。

そのため一般的に今見えている毛は毛穴全体の10%~20%程度といわれています。

毛周期も一定ではなく、場所によって2か月~4か月と様々です。

そして脱毛はどの毛穴にも効果がある訳ではなく、成長期の毛のみにアプローチが可能です。

そのため毛周期が乱れているとせっかく脱毛に行っても成長期の毛がなくあまり効果が出ない…

ということになってしまうのです。

毛周期の乱れも女性ホルモンが大きく関係しています。

脱毛と女性ホルモンはとても密接に関係していることが分かりますね。

永久脱毛後に毛がまた生えてくるケース4・産毛が濃くなる

毛が生えてくるとは違いますが、永久脱毛後に産毛が濃くなってしまうケースもあるようです。

これは脱毛機の刺激によって毛母細胞が一時的に活発になってしまうことが原因だと思われます。

せっかくムダ毛を無くしたくて脱毛へ行っているのに産毛が濃くなってしまったら、すごく悲しいですよね。

しかし、この場合は一時的に毛母細胞が活発になっているだけのことが多いので、刺激がなくなり時間がたてば自然と元に戻るケースも多いようです。

ただ顔など産毛が気になるパーツも多いですよね。

その場合はしばらくカミソリなどで自己処理するのもひとつの方法です。

気になる場合は脱毛を続ければ、毛も薄くなりますし、脱毛効果も得ることができます。

永久脱毛後に毛がまた生えてくるケース5・打ち漏れ・出力が低かった

永久脱毛の施術は人が行うものなので、打ち漏れや出力不足でまた生えてきてしまうケースもあります。

特にエステサロンで行う脱毛は出力が弱いためこのケースが多いようです。

しかし出力は肌の状態を見ながら上げたり下げたり、調節するので脱毛に行くときは肌のコンディションを整えておくことも大切です。

日焼けや乾燥していると弱い出力でしか行えない場合があります。

打ち漏れは行う人の技術に左右される部分も大きいので、初回はお試しコースで行き、どれくらい丁寧に施術してもらえるか確認すると安心ですね。

特にムダ毛が気になる部分は最初に伝えておくと施術する人も気を付けてくれるはずです。

また毛の処理が甘いと、施術できない箇所が出てきてしまうので、こちらもしっかり行ってから脱毛しましょう。

永久脱毛後にまた生えてこないようにするポイント/決まった頻度で通う

永久脱毛脱毛後にまた生えてきてしまうケースとその原因についてお話ししました。

では出来るだけ生えてこないようにするためにはどうしたらいいのか?

それはきちんと決まった周期で通うことです。

毛周期の2か月から4か月にあわせて通うことで効果的に脱毛を行うことができます。

できるだけ早く脱毛したいからと1か月ごとに通っていても、毛周期とずれてしまい思ったような効果を得ることはできません。

定期的に通うことで成長期の毛にアプローチすることができます。

決められた頻度で通うと脱毛回数が少なくて済む、というメリットもありますよ。

脱毛には時間がかかりますが、焦らず決められた頻度で通うのが一番の近道です。

コツコツと頑張りましょう!

永久脱毛後にまた生えてきてしまった時の対処法

永久脱毛後にまた生えてきてしまった時の対処法1・レーザーを再度照射して対処する

永久脱毛をしたにも関わらず、また毛が生えてきてしまったというケースは、実はよくあることです。

日本では永久脱毛の定義を、「施術前の毛の再生率が20%程度」であれば良いと決めています。

このため、広告に永久脱毛と提示する場合は、この基準さえ満たしていれば良いのです。

加えれ、レーザーで破壊されたはずの毛根が、強いストレスなどを受けることで復活することもあります。

ホルモンバランスを崩しやすく、ストレスを抱えている女性の場合は、よくあることです。

このようなときは、以前に永久脱毛を契約したサロンに問い合わせ、再度脱毛の相談を持ちかけましょう。

実は、サロンによっては再度生えてきたムダ毛に対しては「照射が半額」「無料でレーザー照射を当てられる」といった保証を行っていることもあるのです。

再度レーザー脱毛を受けた場合は、入念に保湿やケアを行いましょう。

以前より丁寧なケアを行うことで、肌ダメージを防ぎ、ムダ毛を抑えることが出来ます。

永久脱毛後にまた生えてきてしまった時の対処法2・ニードル脱毛で対処する

昔の永久脱毛の方法として知られるのが、ニードル脱毛です。

この方法は、確実に毛根を破壊出来る、永久脱毛を実現できるメリットがあります。

その方法は、針を毛穴に突き刺し、電気を流すことで毛根を破壊するというものです。

この方法は「電気分解法」と呼ばれるニードル脱毛の中でも、最も古い方法と言われています。

現在は「高周波針脱毛」や熱と水素ナトリウムを利用する「ブレンド法」、「絶縁針脱毛」といった進化したニードル脱毛方法があります。

針先以外が絶縁体なのでダメージが従来より少ないといったメリットもあり、少しは安心出来るものです。

ニードル脱毛は確実に永久脱毛が出来ますが、大変痛みが強いことや、時間がかかるというデメリットもあります。

毛穴ひとつひとつに針を使って毛根を破壊するので、手間がかかるのです。

さらにニードル脱毛の費用はかなり高額であるため、時間・手間・費用全てに余裕がある状態でなければ、脱毛が難しいでしょう。

しかし、どうしてもきれいな肌にしたいという意思が強ければ、試してみることをおすすめします。

永久脱毛後にまた生えてきてしまった時の対処法3・自己処理で対処する

最もポピュラーな処理方法は、自己処理で対応することです。

このときのおすすめアイテムは電気シェーバーとなります。

その理由は肌への刺激が少ないからです。肌が清潔なときに処理を行うことで、肌荒れを防ぐことも出来ます。

反対に、これだけは避けてほしいというアイテムは毛抜きです。

毛抜きで毛根を抜くと、その後レーザーや光が反応しなくなります。

もし今後、やはり医療脱毛やサロンで脱毛をしたいと考えたときに、障害になりやすいのです。

同じ理由から、毛抜きワックスもおすすめできません。

肌への負担も大きく、埋没毛を作る理由にもなります。

比較的ポピュラーなカミソリの場合は、皮膚の表面を削いでしまうことや、乾燥しやすくなる点があまりおすすめ出来ないポイントです。

シェービングローションなどを使用し、出来るだけ直接、肌に刃を当てないよう心がけましょう。

永久脱毛後にまた生えてきてしまった時の対処法4・エステサロンの光脱毛で対処する

医療脱毛で行われる永久脱毛とは異なり、エステサロンの光脱毛は痛みが少ない、毛量や肌質を問わず利用が出来る脱毛方法が用意されています。

ただし、効果を実感出来るまでやや時間がかかるので気長に効果が出るのを待つ必要があるものです。

美容サロンの光脱毛は、医療機器に比べ手頃な価格であること、割引キャンペーンが多いことなど、メリットもたくさんあります。

他サロンや脱毛医療機関から乗り換えた場合に受けられる割引サービスも、用意されていることが多いものです。

ちょっとした残り毛やムダ毛であれば、サロンのような手軽な場所で脱毛を済ませることも、ひとつの手段と言えるでしょう。

ただし、人気店や店舗によっては、予約が取れない、レベルが統一されていないといったデメリットもあります。

通う前に、一通り脱毛サロンの口コミや評判をチェックすることが大切です。

 

永久脱毛したけどまた生えてくる?脱毛方法まとめ

永久脱毛って生えてくる?医療脱毛についてまとめ
・脱毛の種類「レーザー」「ニードル」

・医療脱毛は永久脱毛できる

・永久脱毛の効果は一生とは限らない

 

永久脱毛って生えてくる?エステ脱毛で永久脱毛できる?まとめ
エステ脱毛サロンでは永久脱毛できない

エステ脱毛サロンでは回数・期間無制限プランに限り永久脱毛に近い状態にすることは可能

・エステ脱毛サロンの効果は個人差がある

 

永久脱毛って生えてくる?ぶっちゃけ永久脱毛できるの?効果やサロン脱毛との違いは?まとめ
医療脱毛とエステ脱毛の違い

医療脱毛はぶっちゃけ永久脱毛効果ある

・ぶっちゃけエステ脱毛は永久脱毛に近い状態にはできるけど、永久脱毛はできない

 

永久脱毛って生えてくる?きちんと脱毛できるの?まとめ
永久脱毛の定義とは

永久脱毛したいならクリニック選びを慎重にしましょう

・アフターケアがしっかりしているところを選ぶ

コツコツ通えばきちんと脱毛できる

関連ページ:【シースリーの口コミ】効果ない?料金や効果の評判について

コメント