【永久脱毛を自宅で】家庭用脱毛器は効果ある?脱毛器の効果は?

脱毛




永久脱毛!自宅で脱毛する際の家庭用脱毛器の選び方

永久脱毛 自宅

家庭用脱毛器の選び方1・自分に合う脱毛方式の種類を選ぶ

家庭用脱毛器を選ぶ場合、自分に合う脱毛形式を選ぶことが重要です。

家庭用の脱毛器の場合、主流となるのは、分散型のレーザー脱毛器と、ピンポイント型のレーザー型脱毛器があり、いずれかの方式を採用という流れになります。

分散型の脱毛器の場合、光エネルギーでレーザーの光を分散させて毛根を弱らせるという方法です。

そのため肌を傷める可能性が低く、脱毛器自体が肌に対してダメージを与えないようセンサーが搭載されている物もあり自分に合う性能を誇るものを選ぶとよいでしょう。

一方、ピンポイント型は、一点に集中してレーザーを当てて脱毛をするというもので、中国や韓国なんかではメジャーな方式になっています。

効果も高いのですが、反面に安全性については未知数でやけどなどの症状が現れることもあり、安全なのかは未知数です。

なお、ピンポイント型は、どちらかというと医療脱毛器のようなものもあり、どこのメーカーが製造しているかについて不明なものもあります。

自分に合う脱毛器を選ぶ際、レビューを参考にするしかなく、第三者が使用してみてどうであるかを把握して購入するしかありません。

家庭用脱毛器の選び方2・顔やVIOにも使用できる脱毛器を選ぶ

家庭用脱毛器の中には、光レーザーエネルギーを顔やVIOというデリケートな部位に照射できないものがあります。

これは、照射する際、どの部位に照射しているかがセンサーが感じ取れないタイプの家庭用脱毛器に多い問題点です。

家庭用脱毛器の中には、デリケートな部位とか、皮膚が弱い部位について照射できない家庭用脱毛器というものがあります。

これは最新式のものであれば、メーカー社の家庭用脱毛器などは、特定部位を脱毛器自体が検知して光レーザーを照射することが可能です。

どのメーカーでも当たり前のように採用している機能ではないのです。

よって、家庭用脱毛器で顔とかVIOに使用できるタイプについては、センサーを搭載しているため、センサー搭載で、顔やVIOに光レーザーエネルギーを照射できる家庭用脱毛器を購入するのが望ましいです。

家庭用脱毛器の選び方3・照射面積の広さで選ぶ

家庭用脱毛器に限らず、光レーザーエネルギーを分散して照射し、毛根を弱らせるタイプは、照射面積の広さというものがあります。

この照射面積の広さが大きければ大きいほどいっぺんにレーザーエネルギーを肌に照射でき、時短で脱毛をすることが可能になります。

照射面積をもっとわかりやすく説明しますと、壁の塗り替えをイメージしてもらうとわかりやすく大きな壁を塗り替える際、小さな筆では、当然時間がかかりますよね?

これを大きな筆で広い面積を一度に塗ろうと考えるのが勝者面積になります。

照射面積が増えれば利点においては照射時間を減らすことができる点、かつ時短が可能である点です。

反面に、不必要な部位にもエネルギーを照射するという問題がありますが、この問題については照射時間を減らすことで無駄に肌にダメージを与えないで済みます。

不必要な部位にエネルギーを照射しても何回もエネルギーを照射して肌を傷めることに比べると些細なデメリットです。

家庭用脱毛器の選び方4・照射レベルの細かさ・調整が可能かで選ぶ

照射レベルというものが家庭用の脱毛器にもあります。

オートで肌の状態を把握しつつ、照射するものもあれば、オートとセミオートに手動という形で、照射するレーザーエネルギーのパワーを調製することが可能な家庭用脱毛器が存在しています。

このタイプの家庭用脱毛器は、現在では主流になりつつあるタイプなんですが、オートのみのタイプは、肌の質感をセンサーが感じ取ることでしか、照射するエネルギーを調整できません。

よって、照射レベルを手動で選ぶことができ、かつ調整が細かなもののほうが家庭用脱毛器としては高性能です。

センサーに頼らなくても自分の見た感じの肌の印象で脱毛をできる物のほうが家庭用脱毛器をいざ使用しようとした際、センサーが誤作動して動かないという問題が起きないのです。

家庭用脱毛器で問題になるのは、センサーの誤作動です。

この問題は、肌のサンプルがメーカーによってはあまりたくさんの肌質のサンプルを集めていないことが挙げられます。

センサーがうまく働かず、NGを出すことで脱毛器が動かないという事態になります。

そうしたことに陥らないためには、照射レベルや照射の広さを自由に選べる家庭用脱毛器を購入するのが望ましいです。

家庭用脱毛器の選び方5・カートリッジの交換が必要かどうかで選ぶ

家庭用脱毛器には、レーザー光を出すカートリッジが交換不可能で、使い捨てという分類に相当する商品があります。

そのため、高性能な物でも使い捨ての物があり、そうした場合、カートリッジ交換が可能な高性能な家庭用脱毛器を選ぶという選択もありです。

この場合

「高性能で効果が期待できる」
「カートリッジをもって購入しておけば、生産終了後もカートリッジを交換して使用が続けられる」
「家庭用脱毛器を延々と使用できる」

という利点があります。

万が一、壊れてしまっても、好景気という形で、同系列の家庭用脱毛器が登場した場合、以前のカートリッジが共用できる場合もあるので、カートリッジ交換式の家庭用脱毛器をあえて選ぶというのも一つの手段です。

なお、使い捨てタイプはお値段が安いという利点があるんですが、反面修理となりますと、カートリッジ式と異なり、全交換になるので修理代はお高くなります。

家庭用脱毛器の選び方6・連続照射・冷却機能などの性能で選ぶ

家庭用脱毛器には、連続照射機能というものがありまして、レーザー光を連続で照射しても照射カートリッジが損傷しないという製品があります。

連続照射は何回連続で照射可能であるかがメーカーによって異なっていて、連続照射を機会が判断してこれ以上の照射はカートリッジを傷めるということで自動で照射を辞めてしまうものもあり、安全装置がある家庭用脱毛器もあります。

この安全装置の有り無しはかなり大きなポイントで、安全装置があれば、照射口に無理な負担がかかりません。

レーザー光を照射する部位に負荷がかからず寿命が長寿妙な商品があるので、連続照射が可能。

照射をオートで判断し、中止する機能がある物を選ぶという選択肢を取るとよいでしょう。

そして冷却機能があるかどうかも重要で、レーザー光で痛めた皮膚を冷却して肌のダメージを軽減できる装備があるかを選ぶことも肌を傷めすぎる心配がないのでお勧めです。

家庭用脱毛器の選び方7・保証内容やメーカーの信頼性で選ぶ

家庭用脱毛器の中には、保証が充実していて、修理に関する保証のほか、エステと併用することで効果を発揮するということを保証している商品もあります。

なので、メーカーの信頼性というものはとても重要で、家庭用脱毛器の場合「メーカーの信頼性=安全性および、耐久性」だったりします。

よく、家庭用脱毛器は、高性能であれば効果が大なので性能重視でよいという意見があります。

性能重視の場合、本来望ましい以上のパワーを使用して無理に肌にダメージを与えつつ脱毛を行うなどのほか、あまり大手が採用していない方法で脱毛をする家庭用脱毛器もあるので安全面においては疑問です。

よって、安全性や信頼性を選ぶのであれば、メーカーの信頼性および実績を見てから家庭用脱毛器を購入するのが望ましいでしょう。

なお、商品レビューを参考にするのもよいのですが、商品を開発及び販売している会社自体のレビューというものも参考になります。

会社がどのような問題が家庭用脱毛器に発生した場合、対応をしたかという情報を入手するのも一つのメーカーの信頼性を見る目安になるでしょう。

永久脱毛!自宅で脱毛する際の家庭用脱毛器は効果ある?

永久脱毛 自宅

永久脱毛はできないけど、減毛・抑毛の効果がある

自宅用の家庭用脱毛器は高価なので買うのに躊躇してしまう方が多いのではないでしょうか。

効果について結論から申し上げると、永久脱毛は難しいですが、減毛・抑毛の効果はあります。

口コミを見ていると「効果はないのでは?」の言葉をよく見るので不安を感じている人もいるでしょう。

最初は中々効果が発揮しないので、挫折してしまう方が多いことが「効果ない」と思う方の特徴です。

医療脱毛とは違い、「永久脱毛」といった完全にもう生えてこない状態にするのは厳しいのが現実です。

また、医療脱毛やエステ脱毛といった通う形ではないので、使うことを忘れてしまう人もいるのではないでしょうか。

是非、あきらめず、正しい使い方をした上で綺麗な肌を取り入れていただけたらと思います。

正しく使用を続けると永久脱毛に近い状態は維持できる

前項で永久脱毛は難しい!とお伝えいたしましたが、正しく使用を続けることで、永久脱毛に近い状態を維持することは可能です。

エステ脱毛や永久脱毛と違い、家庭用脱毛器は効果が出るまでは時間がかかってしまいます。

しかし、諦めてしまっては効果が出ず、高い買い物をしただけになってしまいます。

最初は自己処理が必要で、なかなか効果が出ずに悩んでしまいますが、カミソリや毛抜きでの処理と違って使用していくうちに効果が出てくる上に、自己処理が減るのでダメージも抑えることができます。

効果が出てくるまではなかなか時間がかかってしまいますが、正しい使い方をこの記事で学び、実践することで永久脱毛に近い状態を維持できるでしょう。

最初の3ヶ月は週1ペースで

エステ脱毛や医療脱毛のイメージで、「最低でも月1回くらいの使用で十分かな」と感じてしまう気持ちは分かりますが、家庭用脱毛器では足りません。

最初の3か月は週に1回のペースで使用することが肝心となってきます。

しかし、カタログ等を見ると2週間に1回~月に1回で良いと記載されていますが、その回数だと中々結果が出ずに挫折してしまう原因になるでしょう。

もちろん肌に負担をかけるので状態を見ながらすることが重要ですが、週に1回のペースで使用することで効果を確認する時期が早くなります。

「毎週月曜日にする」
「週末に必ず時間を作ってする」

など、脱毛を行う時間を決めて実施すると忘れずに使用することができます。

肌の負担を気にかけながら、無理はしないで使用していきましょう。

3ヶ月目以降は使用頻度少なくしてもOK

最初の3ヶ月は1週間に1回使用をおすすめしましたが、3ヶ月使用すると打ち方にもだんだん慣れてくる頃ではないでしょうか。

3ヶ月頑張ってきたということは12回程の使用したことになり、少しだけ効果が見えてきた頃かと思います。

この時期になると、週に1回の頻度ではなくもうすこし減らしてもOKです。

まずはゼロのつく日(10日に1回)と頻度を減らし、最初のカタログに記載されていた頻度にしていくと良いでしょう。

しかし、効果が出てきた頃が挫折してしまう人がいます。

少なくしてもOKとは言わせては頂きましたが、これをきっかけに辞めてしまうと永久脱毛に近い状態を手放してしまうことにも繋がります。

継続していくことに意味があるので、是非頑張って続けていきましょう。

照射20〜30回くらいで、自己処理がいらないくらいの効果がある

1週間に1回、ずっと頑張ってきてるけどどれくらいで効果が出てくるの?と疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。

自己処理がいらないくらいの効果の目安は、多少個人差はありますが照射20~30回程です。

夏場は特に肌を露出する箇所が増え、毎日でも自己処理をしていること人が多いことと思いますが、それが、ほとんど必要なくなると思うと大変魅力的でないでしょうか。

家庭用脱毛器は医療脱毛やサロン脱毛に比べて、どうしても弱い威力で作られていることから、発揮するにはどうしても遅いのは現実です。

しかし、「通わなくても良く、おうちで自分のペースで出来る」というのは最大のメリット。

諦めずに頑張って続けていくことで、家庭用脱毛器でも自己処理がいらないくらいの効果を見込めます。

是非頑張っていきましょう。

効果を感じる目安は4〜6ヶ月後

照射回数としては20~30回くらい、とお伝えしましたが、期間としては大体4~6か月程と言われています。

脱毛したい!と感じるのは夏ですが、始めた方がいい時期としては秋冬だ!ということは聞いたことはありませんか?

夏場のどうしても肌露出が増える時期に、綺麗に見せようとして自己処理を続け、かみそり負けをしてしまう…というのが一番悲しいことだと思います。

また、海やプールに遊びに行くのにあたって自己処理がいらないくらい綺麗になっているのは嬉しく感じるのではないでしょうか。

これを避けていくためにも、4~6か月前である秋~冬シーズンに頑張っていくと夏場の「楽」につながります。

秋冬こそ脱毛の時期!ということで、是非脱毛をはじめてみましょう。

脱毛前の自己処理が効果を最大限引き出すコツです

せっかく家庭用脱毛器を使用するなら、脱毛効果を最大限に引き出したいと考えると思います。

最大限に引き出すコツをご紹介させて頂くと、「脱毛前の自己処理」にかかっています。

理由としては下記の2点があります。

1点目は痛みを強く感じてしまい効果が半減と薄れてしまうため。

2点目はヤケドや毛穴の炎症などの肌トラブルにつながってしまうため。

綺麗になるために高いお金を出して家庭用脱毛器を使い始めたのにもかかわらず、肌トラブルや効果がなかなか出ず、何回しても効果が出ない…となるのは本末転倒ではないでしょうか。

この2点について、具体的にどのような症状が起こるのか、どのような流れで起こってしまうのかについて詳しくご紹介させて頂きたいと思います。

自己処理をしないと痛みが強く効果が半減

自己処理の必要性の理由1点目は痛みが強く効果が半減してしまうことです。

VIO部分の毛を照射したことある人なら分かるかもしれませんが、毛の黒さに反応する機械がほとんどの為、太くて頑丈な毛に対しては強い痛みを感じることがあります。

その為、VIO部分でなくても、自己処理をしていない場合は黒い部分が必然的に増えるということなので、痛みを強く感じるのは当然なことです。

また、余分な毛にまで熱が分散されてしまうことにより、奥まで熱が伝わってくれず、効果半減という可能性も考えられます。

自己処理のおすすめ時間としては「前日」で、ムダ毛が2~3㎜伸びている状態の方が反応しやすい。

といわれているので、是非前日までに自己処理をして効果を出していきましょう。

ヤケドや毛穴の炎症などの肌トラブルにつながる

自己処理の必要性の理由2点目はヤケドや毛穴の炎症などの肌トラブルにつながってしまうことです。

家庭用脱毛器の使用だけではなく、医療脱毛やサロン脱毛でも自己処理をしないとトラブルにつながりますし、サロン脱毛の場合自己処理をしないと施術をしてもらえない可能性もあります。

それほど、ヤケドや炎症のリスクが高く、自己処理は大切ということでしょう。

ヤケドや炎症は他にもほくろに照射したり、あざに照射したりなどするときもリスクは伴ってきます。

またヤケドする程熱い照射ということで、使用前後の冷却も重要です。

ヤケドや炎症を防ぐためにも、家庭用脱毛器の取扱説明書をしっかり読んだ上で使用し、安全に使っていくのが1番ですね。

自己処理の頻度が減ると、乾燥や肌荒れ・色素沈着のリスクが減る

家庭用脱毛器を使用し、永久脱毛に近い状態を保つことで自己処理の頻度を大幅に減らすことが可能です。

自己処理の頻度が減ることで「楽!」という最大のメリットがありますが、それだけではありません。

それは乾燥や肌荒れ・色素沈着のリスクが減ることです。

かみそりで剃ったり、毛抜きで抜いたりを繰り返すことの肌へのダメージはとても大きいと言われています。

自己処理後の肌状態ですが、ポツポツと赤くなってしまったり、乾燥しやすいな~と感じることはありませんか。

また、肌に刺激を与え続けることにより、メラニンが沈着して黒ずみにつながってしまうこともあります。

家庭用脱毛器を適切に使用することにより、自己処理の頻度を減らすことでこのようなリスクから解放されることになります。

お肌のためにも是非、家庭用脱毛器を適切に利用していきましょう。

永久脱毛!自宅で脱毛する際に脱毛器の使用方法を守りましょう

永久脱毛 自宅

自宅で永久脱毛に近い状態にするには脱毛器の使用方法を守りましょう。

脱毛器の使用方法を守る1・脱毛は毎日やらない

せっかく自宅に脱毛器があるならば、毎日使った方が早く効果が出るのではとお考えの方はご注意ください。

必ずご家庭で使用する脱毛器の説明書に書いてある使用頻度を守りましょう。

脱毛器は毎日使用したからといって、より効果が得られる仕組みにはなっていません。

ちなみに、部位が異なるのであれば毎日の照射は可能です。

1日目は腕、2日目は足という感じで毎日照射する部位を変えましょう。

脱毛器のフラッシュは、成長期である毛根にだけ反応する仕様になっています。

発毛周期は数ヶ月単位となっています。

毎日照射しても、成長期の毛根は変わっていないのでお肌に負担を掛けるだけになってしまいます。

また、毎日使用する事で埋没毛となる場合があります。

家庭用の弱い照射であっても、毎日繰り返し使用する事で火傷のリスクも高まります。

脱毛器の使用方法を守る2・脱毛器はしっかりと当てる

まずは照射のパワーを調節できる機種であれば、ご自身にあった適切な出力に合わせましょう。

はじめは低い出力でテスト照射し、問題が無ければ段階的にパワーを上げていきます。

いよいよ照射となりますが、上手く使うポイントはお肌にピッタリと照射口を当てる事です。

意識的に継続しておかないと、はじめは密着させながら照射していても、徐々に密着度が落ちているパターンもあります。

便利な機種だと、照射口がお肌に密着していないとセンサーが働き、照射できない仕様になっています。

センサーが無い機種では、お肌に密着していなくても照射できます。

しかし、フラッシュが行き届かないので脱毛効果が得られにくくなってしまいます。

せっかくの照射を無駄にしないよう、しっかりと密着を意識しておきましょう。

脱毛器の使用方法を守る3・日焼けや肌荒れ時には使用しない

よく脱毛サロンやクリニックなどでも、日焼け肌やお肌が荒れているなどのトラブルがある部分へは照射できませんと言われます。

なぜ日焼け肌や、荒れたお肌への照射はできないのでしょうか。

まず、脱毛器のフラッシュは黒い色素に反応します。

なので、日焼けしている肌にフラッシュが反応してしまう可能性があるからです。

そうなると、照射時の痛みが増しますし、本来照射したい毛根の部分へのアプローチが弱くなってしまいます。

脱毛をする際のお肌は、より白い方がフラッシュ照射の効果が期待できます。

肌荒れなどのトラブルが起きているお肌は、弱っている上に既にダメージを受けています。

そんなデリケート状態になっている所に、フラッシュ照射の刺激は避けたいです。

フラッシュ照射の刺激により、お肌の状態が悪化してしまう事もあり得ます。

脱毛器を使用する予定があるならば、前もってお肌のコンディションを整えておくとより脱毛の効果が期待できます。

脱毛器の使用方法を守る4・脱毛箇所への光の二度打ちは避ける

恐らく、フラッシュの二度打ちを推奨している家庭用の脱毛器は無いのではないでしょうか。

なぜならば、二度打ちする事によって火傷のリスクが高くなるからです。

家庭用の脱毛器はサロンやクリニックにある機器に比べると、確かにパワーは弱いです。

しかし、毛根へのアプローチは確実にあり少なからずお肌へのダメージとなっています。

繰り返し同じ場所に照射する事で、そのダメージが蓄積されて火傷になってしまいます。

家庭用の脱毛器でも、二度打ちしてしまい数日後お肌に水ぶくれが出来たという報告もあります。

比較的弱いパワーでも、こうして大きなダメージとしてトラブルが起きる場合もあります。

くれぐれも説明書の使用方法を守るようにしてください。

脱毛器の使用方法を守る5・照射後は体温を上げる行為をしない

脱毛直後は運動など、体温の上がる行為は辞めておくべきです。

脱毛後のお肌は大変デリケートで、お肌が熱くなっているのを感じる方もおられます。

フラッシュの照射によってダメージを受け、熱を持っている状態です。

よくサロンなどでは施術後にお肌のクールダウンが行われています。

これは、ダメージを受けたお肌を落ち着かせてあげる事が目的です。

熱を持ったお肌のまま、更に体温を上げてしまうと、お肌の炎症や赤みの出現に繋がります。

体温が上がってしまう行為は運動だけでなく、ひなたを長時間歩く、岩盤浴やサウナ、長風呂をするなども含まれます。

脱毛器使用後、お肌を過度に冷やす必要はありませんが、落ち着かせてあげようという気持ちは持っておいた方が事前にトラブルを回避できます。

効果が現れるまで回数をこなす

家庭用脱毛器で脱毛効果を実感できる期間は本当に人それぞれです。

毛質や発毛周期によっても大きな個人差が現れます。

はじめから焦らず、長期戦となる事を心構えておきましょう。

そうすると、効果が無いと思い込むストレスを減らせます。

サロンやクリニックでも年単位で通われる方は多いです。

家庭用脱毛器でも、それくらいの心持ちで挑戦する方が良さそうです。

それでも、早く効果を感じる方であれば、2か月から3か月程で薄くなったと感じる場合もあります。

そこは始めてみないと分からない部分なので、早い時期に効果を実感出来ればラッキーです。

とにかく定期的にコツコツと脱毛器を使用する事が大切で、その結果きれいになったお肌が手に入ります。

脱毛部位の肌はきちんと保湿

フラッシュ照射をした部位のお肌ケアはとても重要です。

フラッシュの刺激によりダメージを受けたお肌は、とてもデリケートになっており、少しの事が肌トラブルへと繋がってしまいます。

炎症が酷くなると、赤みが引かなくなっしまう可能性もあります。

また、脱毛器を使った当日だけでなく継続して保湿を行ってください。

しっかりと保湿する事でお肌は柔らかく保たれています。

すると、埋もれていたムダ毛がスルッと抜けやすい環境を作ることができます。

クリームの保湿剤は、塗る時も優しく塗り広げる様にしてください。

クリームの摩擦も、お肌にとっては多少刺激となります。

敏感肌の方にはローションタイプの方がおすすめです。

クリームタイプは油分が多く、お肌トラブルのきっかけとなります。

永久脱毛!自宅で脱毛する際の家庭用脱毛器の脱毛効果について

永久脱毛 自宅

効果について1・毛が細くなる

家庭用の脱毛器もサロンやクリニックに比べるとパワーは弱いものの、脱毛効果は長い目で見ると期待できます。

効果が目に見えて実感できる例として、ムダ毛が細くなる事が挙げられます。

繰り返しフラッシュ照射を行う事で、毛質に変化が現れます。

そうすると、これまでの自己処理で太く濃くなってしまっていたムダ毛が、細くなる場合があります。

見た目にも、ムダ毛が細くなると随分と肌のトーンが明るくなった印象を受けます。

毛が細くなる事で、これまで開きっぱなしだった毛穴も、徐々に気にならなくなってきます。

美肌効果がプラスされている機種ならばよりきれいな仕上がりとなります。

毛が細くなる事で、お肌に触れた時の触り心地も格段に良くなります。

効果について2・毛の成長速度が遅くなる

照射の回数を重ねていくと、毛穴にアプローチしたフラッシュの効き目が現れてきます。

気がついたら自分でムダ毛処理をする間隔が長くなっていたと言われるのがこのパターンです。

これは、徐々に発毛する機能部分の働きが弱くなっている証拠です。

毛の成長速度が遅くなると、どの様なメリットがあるのでしょうか。

まず、油断しているとあっという間にムダ毛がたくさん生えていたというトラブルが少なくなります。

毎日の忙しさに追われてムダ毛処理まで手が回らない事もあります。

お出かけにちょっとオシャレして露出の多い服を着ようと思っても、ムダ毛のせいで着れないとなるともったいないです。

毛の成長速度は人それぞれですが、根気よく照射を続けることでお手入れが楽になる毎日が待っています。

効果について3・毛の生えている本数が減る

また、こちらも目に見えてよく分かる効果のひとつですが、生える毛がまだらになってくる事があります。

こちらも、フラッシュ照射による毛穴へのアプローチで、発毛のサイクルが弱ってきている証拠です。

びっしりと生えていたムダ毛が、生えてくる本数が少なくなった事でまだらに見えてきます。

なかなか一斉にムラなくお肌が綺麗になるのはセルフ脱毛では難しいかもしれません。

しかし、何度も何度も繰り返し使用する過程で、成長期にあたるムダ毛への照射が行えます。

この時期は、見た目が悪いかもしれません。

しかしムダ毛がまばらに生えて気持ち悪いと思わず、効果が出てきているんだと喜びたいところです。

一時はまだらなお肌が気になって仕方ないかもしれませんが、綺麗なお肌への過程だと思って頑張りましょう。

効果について4・自己処理の頻度が減る

嬉しいポイントは他にもあり、セルフで行うムダ毛処理の時間が省けます。

ムダ毛処理の手間と時間は本当に煩わしいです。

お仕事の日は、1日の疲れが溜まって帰ってきているので、ムダ毛処理をする気力はなかなか湧きません。

お休みの日であっても、予定が詰まって忙しいかったりすると、今日も出来なかったとなってしまいます。

脱毛器を繰り返し使用する事で、発毛の機能が弱くなってきます。

そうすると、ムダ毛を処理しないとと感じるまでの間隔が徐々に伸びてきます。

脱毛器を使えば使うほど、この期間が伸びる期待が持てます。

根気よく定期的に脱毛器を使い続けましょう。

プライベートタイムが無駄な時間に割かれない分、趣味などの新しい事に時間を使えるようになります。

効果を実感するまでに3〜6ヶ月くらいの期間が必要

では、家庭用の脱毛器を使い始めてどれくらいの期間で脱毛効果を実感できるのでしょうか。

これまでご紹介した脱毛効果を実感できる症例には、脱毛開始から効果実感までの期間がそれぞれ違います。

しかし、ネットの口コミなどによると、早い方では使い始めて2ヶ月程で効果を実感しています。

一方で、1年使ったけれどさほど効果は感じられないといった口コミもありました。

脱毛効果の実感までは本当に人それぞれです。

毛質や肌質に左右される部分が多く、一概にこの期間で効き目が出ますとは言い切れないのが現状です。

なので、比べる事は難しいですが、多くの方の経験を平均してみると、3ヶ月から半年程で効果が出てきたと感じていそうです。

使い始めて数回で効果を実感するのは、ほんのひと握りだと思っておきましょう。

脱毛効果をしっかり出すには自己処理が大切

せっかくの脱毛器の機能はフルに活かしてあげたいものです。

ご自身の使い方ひとつで、脱毛効果実感までの期間が短くなったり、どんなに使っても効果がないと感じる分かれ道となります。

効率よく脱毛を完了させる為に、脱毛器使用前にはしっかりと準備しておきましょう。

まず、自己処理に使用するのは電気シェーバーです。

必ず電気シェーバーを使うようにしてください。

毛抜きでムダ毛を抜くのは厳禁です。

サロンなどでも自己処理には、電気シェーバーが推奨されており、フェイス用のシェーバーだとよりお肌に負担をかけずにムダ毛を処理できます。

毛抜きが禁止されている理由は、お肌への負担が大きすぎるからです。

無理矢理ムダ毛を引き抜かれた毛穴は開いたままの状態であり、脱毛器の刺激によって肌荒れを起こすリスクがあります。

脱毛器を使う前日などに自己処理を行えていると、ある程度お肌も休められるのでより安心です。

自己処理のルール4原則

自己処理のルール1・肌は清潔にして余計なものがついていない状態にする

まず、照射する部分は何もついていない事が前提となります。

なのでお風呂上がりの保湿する前が望ましいです。

汗や脂が皮膚についていると、照射の効果がフルに活かせません。

また、保湿クリームなどを塗ってしまっても照射の妨げとなってしまいます。

毛穴に保湿成分が入ってしまうので、せっかくの照射が行き届かなくなってしまいます。

同じ理由で、日焼け止め、制汗剤なども照射前には使わないでください。

色々と制約がありますが、お風呂上がりならばこれらの条件をクリア出来るのではないでしょうか。

どうしても条件が整わない日は、使用する日を後日に改めてましょう。

あまり心配されなくても、数日照射が遅れたところで、脱毛効果に大きな差はありません。

自己処理のルール2・脇やVIOなどの毛が長い場合はハサミでカット

先ほど自己処理には電気シェーバーを使用してくださいとご説明しました。

しかし、ムダ毛が長くなっている場合には、電気シェーバーを使う前の下処理が必要です。

そもそも電気シェーバーは短い毛を剃る仕様になっています。

伸びすぎた脇毛や、デリケートゾーンの毛をそのまま電気シェーバーで剃っても、うまく剃れません。

まずは長いムダ毛をハサミでカットしましょう。

普通のハサミでも器用な方は大丈夫ですが、ハサミでの自己処理は見えにくく危険も伴います。

鼻毛用のハサミならば、小さく先端も丸くなっているので比較的安全です。

また、赤ちゃん用の爪切りバサミも活用できます。

一時的に使用するのであれば、100均にも売っているのでお試しください。

自己処理のルール3・シェーバーは毛の流れにそってゆっくりと動かす

では、下処理が済んだところでいよいよ電気シェーバーの出番です。

シェーバーの動かし方も、押さえておきたいポイントがあります。

まずシェーバーを持つ手はあまり力を入れず手首が柔らかく動く程度にしておきます。

そしてムダ毛の流れを観察し、その流れに沿ってシェーバーを優しく滑らせます。

くれぐれもお肌にシェーバーを押しつけ無いように注意してください。

シェーバーを押してけてしまうと、お肌に大きな負担となってしまいます。

剃り残した部分があれば、強く当てるのではなく、何度かに分けて剃り直しましょう。

ご自宅に男性用の髭剃りがあるので、それを使ってしまう方もおられます。

しかしこれは危険なので是非ご自分用の電気シェーバーをご用意ください。

男性用は深剃りを目的としているモデルがある為、脱毛前のシェービングには向いていません。

自己処理のルール4・保湿剤を使用する

自己処理が無事に終わったら、次に行うのも大切なポイントとなるお肌の保湿です。

シェービングを終えたお肌は、見た目に変化はなくてもダメージを受けている状態です。

そのまま何もしないと、乾燥したり、赤みが出たり、痒みが出る場合もあります。

そうなってしまっては、脱毛器の照射ができません。

しっかりと保湿してお肌を回復させてあげましょう。

電気シェーバーの刃は、お肌に触れると少なからず削っている状態です。

クリームタイプの保湿剤ならば優しく塗り広げます。

敏感肌の方ならばより刺激の少ないローションタイプで保湿してください。

お肌を休ませる期間を考えると、脱毛器を使う前日、前々日に自己処理を終えて日焼けなどに注意して過ごしたいです。

永久脱毛!自宅で脱毛はできる?

永久脱毛 自宅

永久脱毛の定義とは

永久脱毛というと完全に毛が生えて来なくなるまたは、一生つるつるという印象を持つ方が多いと思います。

ですが実際に定義されている「永久脱毛」は少し定義が異なってきてしまいます。

正式な永久脱毛の定義を2つ挙げます。

1つ目は永久脱毛とは「脱毛の1ヶ月後に毛の再生率が20%以下」とアメリカの電気脱毛協会が定義しています。

2つ目は「一定の脱毛施術をした後に再び発毛する本数が長期にわたり減少し、その状態が長期間続くこと」とアメリカの食品医薬品局(FDA)が定義しています。

つまり、永久脱毛後は多少なり発毛があるということなのです。

しかし、永久脱毛をすることによって本来自己シェービングしたりしていた時間が大幅に減る為、満足度はかなり高いと言えます。

自宅で永久脱毛はできない

現在、永久脱毛に値する脱毛は医療脱毛と針脱毛のみとなっています。

医療脱毛とは、毛周期に合わせた脱毛方法で、レーザーが毛のメラニン色素に反応し肌内部で熱に変換され、毛母細胞を破壊して毛を生えなくさせる施術です。

1回の照射で20%弱の毛母細胞を破壊できると言われています。

針脱毛は毛の一本一本に微弱な電流や高周波を流し、毛根を破壊して毛を生えなくさせる施術です。

一本一本完全に毛母細胞を破壊していくのでそこからは再度発毛はないです。

そのため針脱毛が1番皆さんが考える「完全につるつる」という永久脱毛のイメージに近いかと思います。

エステ脱毛とか自宅で機械を使って行う脱毛は一般的に光脱毛となっています。

光脱毛はレーザーよりも力は弱くなってくるので自宅で永久脱毛をしようと思ってもなかなか難しいところはあります。

自宅での脱毛でも永久脱毛に近い状態にはできる

しかし、最近では性能の良い自宅での脱毛器も多く増えています。

決められた方法で定期的に自宅で脱毛することによって永久脱毛ではないですが、長期的な減毛効果は十分に得られます。

エステ脱毛でも同様ですが、そのエステによっても効果に差が出てきます。

というのも使用する機械とか使用方法が間違ってなければ効果はしっかりと出るものです。

減毛効果は一生ではないのでがっかりされる方もいらっしゃると思いますが、減毛効果によって普段の自己シェービングの時間はかなり短縮できると思うので楽になると思います。

自分で照射していかないといけないので、結構根気がいりますが定期的に正しい方法で照射を続けていけば長期的な減毛効果も続いていくので十分満足できるのではないかと思います。

自分の好きなタイミングで脱毛できる

自宅で脱毛することのメリットとしては自分の好きなタイミングで脱毛できるということです。

クリニックやサロンで脱毛していると自分の予定や仕事によって予約が難しくなったりしてしまいます。

急用ができたりしてしまうとキャンセルしなければならず、キャンセルしてしまうと再予約がなかなか難しいという点も悩ましいです。

自宅だと時間が空いている時に脱毛可能なのでストレスもなく継続できるのではないかなと思います。

また行ったりすることの時間を省くこともできるのでこれは大きなメリットではないかなと思います。

ただし自宅で全身を脱毛しようとするとクリニックやサロンよりは脱毛照射スポットが小さい自宅用は時間がかかってしまうこともあり、疲れてしまう可能性もあります。

永久脱毛できるのは医療脱毛だけ

現在は、永久脱毛で全身脱毛できるのは医療脱毛のみとなっています。

医療脱毛は医師や看護師等の医療専門家がいるのでトラブルがあった時などに対応してくれます。

脱毛する際のレーザーの強さも相談次第で上げていくことが可能です。

そのため強い威力で脱毛すれば効果もかなり感じられます。

エステ脱毛や自宅での脱毛は安全性がとても大事になってくるのでなかなか強いパワーでは照射ができないです。

ある程度のパワーで多くの回数を重ねることにより減毛効果を得ていきますので自宅では完全な永久脱毛をすることが不可能となっています。

しかし、先ほども言ったように自宅での脱毛でも正しい方法で定期的にしっかり脱毛していればしっかりとした減毛効果が現れて十分に満足できる可能性は高いです。

永久脱毛!自宅で簡単にできるセルフ脱毛方法

永久脱毛 自宅

セルフで脱毛する方法1・カミソリ

カミソリは一番簡単に試すことができるセルフ脱毛方法だと思います。

カミソリを肌に当てて、滑らしながら毛を剃ってムダ毛を処理する方法です。

カミソリにはいくつか種類があり、形や刃の枚数が違います。最近では、ヘッドが可動式のものやスムーサー付きのものもあります。

自分に合ったものを使うのが一番だと思います。

またカミソリのメリットとしては、カミソリ自体が安く手に入るため、すぐ始めらることもできます。

また簡単にムダ毛を処理することができますが、その反面、剃り残しをしないようにと、何度も同じ場所でカミソリを滑らすことで肌への負担が大きくなります。

皮膚の表面の毛を削いでいるだけなので、すぐに毛が生えてしまったりというデメリットもあります。

セルフで脱毛する方法2・毛抜き(あまりおすすめできない)

毛抜き脱毛は毛抜きを使用して、毛を根元から抜くという方法です。

この方法も簡単に始められる方法ですが、あまりおすすめできない方法です。

メリットとしては、簡単に始められ、根元から抜くためカミソリよりも毛が生えてくるのが遅くなります。

しかし、この方法はデメリットが多くあります。まず1本ずつ抜くと考えると時間と手間がとてもかかります。

また抜くことで痛みも伴います。

そしてなにより、毛を無理やり抜くことで毛穴への負担がとても大きいです。

毛穴が炎症を起こしてしまい、それにより色素沈着や、毛が皮膚に埋もれてしまうというトラブルを引き起こす可能性もあります。

これらのことからメリットよりもデメリットが大きい方法であると思います。

セルフで脱毛する方法3・脱毛ワックス

脱毛ワックスは、粘着力の強いワックスをムダ毛が気になる部分に塗り、ワックスが固まってから一気に剥がすことで毛が抜けるという方法です。

こちらの方法は、産毛も一緒にキレイに抜くことができるので効果が持続するメリットがあります。

しかし、デメリットもあり、ワックスを塗り、無理やり引き剥がして毛を抜くため、肌の負担になります。

また、肌の表面の角質も一緒に剥がれてしまう場合があり、敏感肌の人だと肌荒れしてしまう可能性があります。

他にも、ワックスを剥がすときに痛みが伴います。

毛抜きの時と違い、範囲も広く一気に引き剥がすことでより痛みが強いと言えます。また皮膚が薄いところなどはより痛みを感じやすいと思います。

セルフで脱毛する方法4・除毛クリーム

除毛クリームは、専用のクリームをムダ毛の気になる部分に塗り、毛を溶かしてムダ毛を処理する方法です。

除毛クリームには毛に含まれているタンパク質を溶かす成分が配合されています。

皮膚の表面に生えているムダ毛を溶かすだけのため、カミソリと同様ですが、剃るのと溶かすのとでは毛の断面が異なるという点が違います。

メリットとしては、除毛後にチクチク感があまりしない、値段もお手頃でドラッグストアなどでも購入できるため、気軽に始めることができます。

一方で、除毛クリームの成分で、肌への負担はあります。

こちらも敏感肌の人は、肌が荒れたりする可能性がります。

また皮膚の表面の毛を処理しているだけなので持続性がありません。

セルフで脱毛する方法5・家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、電気機器を使って自宅でムダ毛のケアができる方法です。

家庭脱毛器といっても大きく分けて2種類あり、レーザーやフラッシュなどの光を放出するタイプとローラーで毛を挟み込んで抜いていくタイプがあります。

この方法は他の方法に比べると、持続した美しい仕上がりが期待できます。

もちろん、一回しただけでは効果は見られませんが、使い続ければ一番キレイな仕上がりになると思います。

また好きなタイミングで空いた時間でできるため、時間に融通が利くところがメリットです。

デメリットは機器が高いという点です。

サロンやクリニックに通うよりは安く済みますが、ものによっては高価なものもあります。そのため簡単に始めることは難しいでしょう。

永久脱毛!自宅で脱毛する際のまとめ

永久脱毛!自宅で脱毛する際の家庭用脱毛器の選び方まとめ
家庭用脱毛器の選び方1・自分に合う脱毛方式の種類を選ぶ
家庭用脱毛器の選び方2・顔やvioにも使用できる脱毛器を選ぶ
家庭用脱毛器の選び方3・照射面積の広さで選ぶ
家庭用脱毛器の選び方4・照射レベルの細かさ・調整が可能かで選ぶ
家庭用脱毛器の選び方5・カートリッジの交換が必要かどうかで選ぶ
家庭用脱毛器の選び方6・連続照射・冷却機能などの性能で選ぶ
家庭用脱毛器の選び方7・保証内容やメーカーの信頼性で選ぶ

 

永久脱毛!自宅で脱毛する際の家庭用脱毛器は効果ある?まとめ
・永久脱毛はできないけど、減毛・抑毛の効果がある
・正しく使用を続けると永久脱毛に近い状態は維持できる
・最初の3ヶ月は週1ペースで
・3ヶ月目以降は使用頻度少なくしてもOK
・照射20〜30回くらいで、自己処理がいらないくらいの効果がある
・効果を感じる目安は4〜6ヶ月後
・脱毛前の自己処理が効果を最大限引き出すコツ
・自己処理をしないと痛みが強く効果が半減
・ヤケドや毛穴の炎症などの肌トラブルにつながる
・自己処理の頻度が減ると、乾燥や肌荒れ・色素沈着のリスクが減る

 

永久脱毛!自宅で脱毛する際に脱毛器の使用方法まとめ
脱毛器の使用方法を守る1・脱毛は毎日やらない
脱毛器の使用方法を守る2・脱毛器はしっかりと当てる
脱毛器の使用方法を守る3・日焼けや肌荒れ時には使用しない
脱毛器の使用方法を守る4・脱毛箇所への光の二度打ちは避ける
脱毛器の使用方法を守る5・照射後は体温を上げる行為をしない
脱毛器の使用方法を守る6・効果が現れるまで回数をこなす
脱毛器の使用方法を守る7・脱毛部位の肌はきちんと保湿

 

永久脱毛!自宅で脱毛する際の家庭用脱毛器の脱毛効果についてまとめ
効果について1・毛が細くなる
効果について2・毛の成長速度が遅くなる
効果について3・毛の生えている本数が減る
効果について4・自己処理の頻度が減る

 

永久脱毛!自宅で脱毛はできる?まとめ
・自宅で永久脱毛はできない
・自宅での脱毛でも永久脱毛に近い状態にはできる
・自分の好きなタイミングで脱毛できる
・永久脱毛できるのは医療脱毛だけ

 

永久脱毛!自宅で簡単にできるセルフ脱毛方法まとめ
セルフで脱毛する方法1・カミソリ
セルフで脱毛する方法2・毛抜き(あまりおすすめできない)
セルフで脱毛する方法3・脱毛ワックス
セルフで脱毛する方法4・除毛クリーム
セルフで脱毛する方法5・家庭用脱毛器

 

関連ページ:【シースリー口コミ】効果ない?料金や効果の評判について

コメント