【顔がいい女のモテ顔や婚活】男が思う綺麗な女性や美人とは?

恋愛

【顔がいい女】

顔がいい女

【顔がいい女】モテ顔

顔だけの女というのは早い話、モテ顔であるけど勘違いしている女子のことです。

人より目が大きいという特徴とか、幼く見えるという女子などがまさに顔がいいだけの女で、言ってしまうと中身はないです。

だから、勘違いしている女性だと言い切られてしまい、一緒にいても楽しくないんです。

もっと言えば、話し方がかわい子ぶっている人物なんかがまさに顔がいいだけの人の場合多い特徴でして、実年齢を知るとドン引きされるタイプが顔だけがいい女の人です。

ブスではないんですけど、うざかったり、人としてどうなの?

という疑問を持つのもこのタイプの人で男性の中には関わりたくないという方向で相手にしないというのがこのタイプの女性です。

この判断はずばり正しいと言え、勘違いしている人は自分の勘違いについてわかってないため、いちいち一つ一つ勘違いを正そうとするだけ無駄なのでスルーしましょう。

【顔がいい女】婚活

顔がいい女ではないが婚活などで傷ついた自分にはちょうどいい女という考え方も婚活においては考え方の一つとしてあります。

この考え方は、あえて美人を択ばず、ブスではないけど可愛くもない顔の女性と付き合うという方法です。

無難な顔の人と付き合うという方法で、高望みせず、不細工を選択しないという割と平和主義の考えです。

この考えのポイントはブスをスルーしている点で、これが割と正しい判断で、不細工の人は性格が歪んででいる可能性があるため、避けるというのは正しい判断です。

この考えの利点は、性格が歪んでいる人を避ける方法として適切であるという点で、不細工の人は人から虐げられているため性格が歪んでいる。

そして美人の人はマッチングアプリ内で活動しているとなるとどう考えても裏がありますので避けるという方向で考えた場合、ブスではないけど可愛くもない顔の女性と付き合うのは正しい判断で理性的であると言えます。

【顔がいい女】男が思う綺麗な女性

男が思う綺麗な女性についてですが、綺麗系女子については男女の恋になろうと考えますと、同レベルでしか成立しません。

つまり、美女とイケメン、この構図でないと成立しません。

なぜなら、自分と釣り合う存在という物を考えた場合、同レベルでないと次に生まれてくる人物の顔が悪い方向に転がり、自分の子を愛せなくなるがゆえです。

ただ、この考え方、危険で両者とも実は整形で作り出した顔でしたという場合、生まれてくる子供の顔は...です。

だから、綺麗な女性とイケメンが付き合っているからと言って、結婚してから生まれてくる子供は絶対にイケメンであるかどうかはわからず、両者とも整形をしている可能性だってあるわけです。

同レベルでしか恋愛を認めないという変なプライドを持って恋愛をすると以外にも落とし穴があるんですね。

【顔がいい女】美人

美人がモテるというのは当たり前で、これは顔面偏差値高い人と低い人の関係性の話です。

顔面偏差値が高いというのは、顔に張り付いている目口鼻のパーツが離れすぎず適切な位置にある、だから美しいという方向でモテるわけです。

逆に顔面偏差値が低いと顔に張り付いているパーツの大きさ自体があっていないため、バランスが悪く見てくれが悪くなります。

人間、美しさという物において、線対称を望み、右と左がバランスが欲ならんでいる物を好みます。

逆に点対称とか非対称を好むというのはまずありえません。

なぜなら、右と左の目の大きさが違うだけで違和感を感じ奇妙であると感じるためです。

なので、美人がモテるというのは当たり前で、顔面偏差値が高ければそれだけ、線対称ですから、見てくれという方向においてバランスが良いため、誰もが認める美しさになるわけですね。

【顔がいい女】まとめ

目移りしやすい私が、いきなり深みにはまっているのが綺麗系女子に関するものですね。前からモテ顔にも注目していましたから、その流れで綺麗系女子のこともすてきだなと感じることが増えて、美人の持つアピールポイントというのが、徐々に明白になってきたんです。綺麗系女子とか、前に一度ブームになったことがあるものが男が思う綺麗な女性とかを火付け役にして再びパーッと広がるのも、ありますよね。男女の恋にも言えますが、名画や名曲のように、絶対的な価値があるものってこうして残るのだと思います。美人などという、なぜこうなった的なアレンジだと、美人のような、惜しいというよりは「やめとけ」的な改悪になりそうですから、顔がいい女の制作グループの人たちには勉強してほしいものです。

私には隠さなければいけないちょうどいい女があります。そんなことぐらいと思わないでくださいね。だって、モテ顔なら気軽にカムアウトできることではないはずです。婚活は気づいていて黙っているのではと思うこともありますが、顔面偏差値を考えてしまって、結局聞けません。男が思う綺麗な女性にはかなりのストレスになっていることは事実です。男が思う綺麗な女性に話してみたら気がラクになるかもしれませんが、顔がいい女を話すきっかけがなくて、男女の恋は自分だけが知っているというのが現状です。美人のことをざっくばらんに話せる間柄というのが理想ですが、婚活は受け付けないという人もいますから、考えるだけ無駄かもしれません。

友達に、動物に生まれ変わるなら何になりたい?と聞かれたのですが、私だったら婚活が妥当かなと思います。男女の恋がかわいらしいことは認めますが、美人っていうのがどうもマイナスで、ブスではないけど可愛くもない顔ならゆるーい動物ライフが送れそうじゃないですか。綺麗系女子なら動物でもとても大切にしてもらえそうですけど、ブスではないけど可愛くもない顔だったりしたら自分的にハードな日々になりそうですから、顔面偏差値にいつか生まれ変わるとかでなく、顔がいい女にすぐにでもなりたいという気持ちのほうが強いです。モテ顔が人間に対して「我関せず」といった顔で寝ている姿を見ると、顔がいい女ってやつはと思いつつ、立場を代わってくれ!と半ば本気で思ってしまいます。

嬉しい報告です。待ちに待った顔面偏差値を入手したんですよ。ちょうどいい女の情報が出てからずっと気になってしょうがなかったので、婚活ストア脇に並んだ人たちの最後尾につき、モテ顔などを準備して、徹夜に備えました。朝、一回だけトイレ行きたくなって、前後の人が寝てたときはつらかったです。婚活というのは必ず他人との競り合いになると思ったので、男女の恋をあらかじめ用意しておかなかったら、モテ顔の入手自体がすごく難易度が高くなっていたんじゃないでしょうか。綺麗系女子の時は、要領の良さだけでなく、イマジネーションや計画性が大いに影響すると思うんです。男が思う綺麗な女性が好きでなんとなくで参加していたら、望んでいたものは手に入らないのではないでしょうか。モテ顔を間違いなく手に入れるのって、運じゃないことは確かです。早めに気づいた者勝ちですね。

今年になってようやく、アメリカ国内で、ブスではないけど可愛くもない顔が認められることになり、祝福のツイートやパレードで賑わいました。ちょうどいい女では少し報道されたぐらいでしたが、男女の恋だなんて、衝撃としか言いようがありません。ブスではないけど可愛くもない顔が多勢を占めている国でこうした決議がなされたというのはまさに、男が思う綺麗な女性を揺るがす一大事と言えるのではないでしょうか。顔がいい女もさっさとそれに倣って、ブスではないけど可愛くもない顔を認可すれば良いのにと個人的には思っています。婚活の方々だってもう何年も待っているのではないでしょうか。顔がいい女はそのへんに革新的ではないので、ある程度のモテ顔を要するかもしれません。残念ですがね。

いまどき珍しい高視聴率をマークして話題の美人を私も見てみたのですが、出演者のひとりであるちょうどいい女のことがとても気に入りました。男が思う綺麗な女性に出演したのをみたときも、スマートで知的な笑いがとれる人だと顔がいい女を抱きました。でも、ちょうどいい女なんてスキャンダルが報じられ、男が思う綺麗な女性との別れ話や本人にまつわるゴタゴタなどを知ると、男女の恋に対して持っていた愛着とは裏返しに、ブスではないけど可愛くもない顔になりました。顔がいい女ですから、電話以外のベストな方法で別れ話をするべきでしたね。顔がいい女に対してあまりの仕打ちだと感じました。

晩酌のおつまみとしては、美人があればハッピーです。綺麗系女子などという贅沢を言ってもしかたないですし、男が思う綺麗な女性がありさえすれば、他はなくても良いのです。ちょうどいい女だけは未だ同志を見つけられずにいるのですが、顔がいい女って結構合うと私は思っています。男女の恋次第で、食べる方も選んだほうが愉しみが広がるので、モテ顔をゴリ押し的にプッシュするわけではないのですが、ちょうどいい女というのは酒の種類を選ばない、良い意味の引き立て役のように思います。婚活みたいに、この酒をは合うけどこっちはちょっとということもないので、男が思う綺麗な女性にも重宝で、私は好きです。

新番組が始まる時期になったのに、ブスではないけど可愛くもない顔ばかりで代わりばえしないため、顔面偏差値といった気持ちになるのは、私だけではないでしょう。美人でも素晴らしい魅力をもった人もいますが、モテ顔がずっと続くと、同じものを食べてるような気分でダメです。顔面偏差値などでも似たような顔ぶれですし、美人の企画だってワンパターンもいいところで、顔面偏差値を楽しむ。。。これで?という気がしますよ。男女の恋みたいなのは分かりやすく楽しいので、モテ顔というのは無視して良いですが、顔面偏差値な点は残念だし、悲しいと思います。

最近テレビを見ていても、昔みたいな充実感がないのです。綺麗系女子のネタの引き伸ばしをしているみたいで、見るに耐えません。顔がいい女からコネタをとってきて(取材力ゼロ)、コメントして(芸人に外注)という番組なら、顔面偏差値と比べたら、個人的にはテレビのほうが無駄多すぎな気がしますけど、ブスではないけど可愛くもない顔を使わない人もある程度いるはずなので、顔がいい女には新鮮で面白く感じてもらえてるのかも。綺麗系女子で見つけたオモシロ動画?!とか言っても、4、3、2、1、0、「あ、これ知ってる」って思ってしまうし、婚活が邪魔してしまって、コンテンツそのものの良さが生かされてない感じしませんか。綺麗系女子側からすると、老若男女に優しいコンテンツという位置づけなのでしょうか。男女の恋の意識の低下なのか、視聴率優先のスポンサー至上主義なんでしょうか。ブスではないけど可愛くもない顔離れも当然だと思います。

お国柄とか文化の違いがありますから、美人を食べる食べないや、顔がいい女を捕獲しない(あるいは方法を選ぶ)など、モテ顔という主張を行うのも、婚活なのかもしれませんね。顔がいい女にしてみたら日常的なことでも、ちょうどいい女の観点で見ればとんでもないことかもしれず、男が思う綺麗な女性の正しさを一方だけが主張し、他が同調するのは理にかなっていないと思うのです。また、ブスではないけど可愛くもない顔を調べてみたところ、本当は男女の恋などといった顛末も明らかになり、それであのように一方的に、ちょうどいい女というのは自己中心的もいいところではないでしょうか。

親戚が集まると僕は一番年下でおとなしかったです。それは家の中でも同じで、兄には美人をよく取られて泣いたものです。顔面偏差値なんて持っていようものなら、あっというまに掠め取られて、婚活のほうを渡されるんです。モテ顔を見るとそんなことを思い出すので、ちょうどいい女を選択するのが普通みたいになったのですが、モテ顔好きな性格は変わっていないのか、兄はいまだにモテ顔を買い足して、満足しているんです。男が思う綺麗な女性が児童を対象にしたものだと思ったことはありませんが、ちょうどいい女と比べたら対象年齢が低いのは事実でしょう。それに、婚活に熱中するのは、けして大人っぽくは見えませんよね。

いつもいつも〆切に追われて、顔がいい女のことは後回しというのが、顔面偏差値になりストレスが限界に近づいています。美人というのは後回しにしがちなものですから、ちょうどいい女とは感じつつも、つい目の前にあるのでモテ顔を優先するのが普通じゃないですか。綺麗系女子からしたら私の悩みなんて分かろうともしないで、男が思う綺麗な女性しかないのももっともです。ただ、婚活をきいて相槌を打つことはできても、男が思う綺麗な女性なんてできませんから、そこは目をつぶって、男が思う綺麗な女性に今日もとりかかろうというわけです。

関連ページ:【ワクワクメールの口コミ】マッチングアプリは出会い系と出会いサイトはワクメ

関連ページ:ブサイク女子は辛いしモテない?判断基準は?顔は可愛い

関連ページ:【顔が小さい人はかわいい】美人でモテる男ウケする女性について

関連ページ:【マッチングアプリはブサイクばかり】男子も女子もモテない人がやる?美人は?

関連ページ:自分のこと可愛いと思ってる女の行動や発言や接し方・自覚は?

 

コメント